ラベル エアコン工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル エアコン工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年5月24日木曜日

効かない天カセエアコンから三菱霧ヶ峰ZXVタイプへエアコン取替工事

初めてご依頼いただくお客様のお宅で、エアコン取替工事にお伺いしてきました。

三菱電機 MSZ-ZXV5618S-W ムーブアイmirA.I.搭載霧ヶ峰をお買い上げいただきました(・∀・)


既存機は天井ビルトイン2方向吹出しタイプです。

動くことは動くんですけど、冬場に暖房の効きが悪いとの事で、ご相談いただいていました。

これ見た目は完全に三菱電機製ですけど、三菱重工のラベルが貼ってありますね。
2002年製。16年目です。


運転してみようとリモコン押しても反応なし(^_^;)

ぎゅぅ~っと押し込むと、ピッと反応しました。
リモコンも悪いですね...

室外機も元気に動いています。特に異音とかはありません。

室内機側の吹き出し風量が異様に少ないです。

考えられる要因としては、
 ・ガス不足
 ・ファンモーターの異常
 ・温度サーモの異常
 ・制御基板の不具合
 ・ファンが汚れている
などなど、いろんな要因がありますが、16年経過しています。
部品は無いと思います。もしあって交換できたとしても、交換するために分解している途中で他が破損する可能性は大です。

十分に元は取れてると思いますので、取替えをお奨めさせていただきました。
お客様も大体そのつもりだった様で、「じゃぁ取替えてください。」と即答いただきました。

その際に「最近のエアコンは省エネになってるんでしょう?」と言うお話から始まり、「同じ天井埋め込みじゃなくて、壁掛けはどんな感じですか?この部屋でも壁掛けタイプは付くんですかね?」という流れで、「ここなら付きますよ」と↓

「じゃぁ阿部さんのお奨め機種でお願いします」と、すべてお任せいただきまして(^_^;)
この壁の幅で取付け可能な、省エネ最上位機種のZXVタイプをお奨めさせていただき、ご依頼いただきました<(_ _)>

という訳で本日、取替工事にお伺いしてきました。
まずは位置決めをして、背面板を取付けます。


室外機を置く方向へ向けて、配管穴を開けていきます。


はぃ。キワキワ。ちゃんと測っていますので大丈夫です(^_^;)


既存の天カセの配管は、スリムダクトごと撤去してしまいます。


ここに出てきている電源ケーブルを、新しく取付ける室内機脇までケーブルを延長していきます。


塩ビ管を使って一度達下げて、基礎部分を横引き、新たに取付けたスリムダクト内を通して宅内へ。


配管穴の下へコンセント用に開口して、ケーブルを引き込みます。


配管穴には貫通スリーブを。
ケーブルをコンセントへ接続して、電源工事完了。


いつもの様に室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


外部配管はスリムダクトで美観仕上げ。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


外周りはこんな感じで完成です。

元あったブロック台は、お客様が撤去されるそうです。

作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

既存の室内機はどうなった?って思いますよね(^_^;)
とりあえず放置です。
外してしまうと、補修に結構掛かりますので。
今後、クロス貼り替えなどのリフォームの際に、合わせて撤去するという事での放置です。

「お忙しいのにありがとうございました。ホントきれいにしていただいて。Blog拝見してますけど、よく書く時間がありますねぇ。また何かありましたらお願いしますね。」と、大変お喜びいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。

2018年5月22日火曜日

新築住宅で三菱霧ヶ峰エアコン新設工事

先月アンテナ工事にお伺いしていた新築住宅で、エアコン取付工事にお伺いしてきました。

三菱電機霧ヶ峰×3台、お客様支給品です。

当初、ダイキンのうるさらをご検討されていましたが、三菱霧ヶ峰をお奨めしてご購入されました。
なぜ阿部がダイキンのうるさらをお奨めしないかは、このBlogをずっとご覧になっている方々にはよくご理解いただいていると思います(^_^;)

では工事に掛かります。
実は最初に工事にお伺いしたのは、一週間前でした。
なぜ今日お引渡しになったのかは、後ほど。

3台ありますが、リビングの模様を。
200Vのエアコン専用コンセントがありますので、ここへ取付けます。


左側が外壁側なので、配管は左側面出しになります。
位置決めをして、配管穴を開けます。


配管穴には小動物侵入防止と気密性確保のため、貫通スリーブを挿入しておきます。


エアコンが付く側の壁ですが、残念な事に下地が入っていません...
新築ですよ。エアコン用の下地が入ってないなんて...と思いました?
結構あるんですよ、これが。残念ですけど。
最近のエアコンは、フィルター自動掃除機能が付いているうえ、省エネ性を追うため熱交換器が巨大化して、重量がかなり増えています。

下地がない場合は、柱と柱の間の間柱に留める訳ですが、これも見当たりません。
どうなってるんだこのお家(^_^;)
仕方ないので、ボードアンカーを少し多めにして、しっかりと留めます。

これ以上留めると、石膏ボードが弱くなるので。
嫌ですねぇ... こういうの一番嫌です。
なぜ下地を入れないのか、不思議でたまりません。

背面板をしっかりと取付けます。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


ここで別のお部屋の方も。
2階寝室は、室外機地上置き。
スリムダクトで美観仕上げです。


こちらはキレイに砂利が敷かれているので、室外機を取付けて完了。


先ほどのリビングと和室は、雨の影響で外構工事が遅れていたため、配管立ち下げまでで一時退却してました。

ここまでが一週間前の作業内容です。

で、本日、外構工事が完了したので、室外機の取付工事にお伺いしてきました。
配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


外周りはこんな感じで完成です。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

「外構工事が遅れて二度手間になってすみません。きれいにしていただいてありがとうございました。」と、とてもお喜びいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。

2018年5月15日火曜日

え?マルチエアコン?から三菱霧ヶ峰AXVタイプへ取替工事

バタバタしております。6月中旬までご予約で埋まってしまいました。
そろそろ分解洗浄は受付中止しないといけないかな?という状態に追い込まれております(^_^;)

そんな中、先週のドシャ降りで延期になっていたエアコン取替工事にお伺いしてきました。

三菱電機 MSZ-AXV2218-W ムーブアイ搭載霧ヶ峰をご依頼いただきました。


まずは、下見にお伺いしていました。
既存機は、松下電器産業製。


かなり上の方に取付けられていますね。

今のエアコンは高さ300mmありますから、結構下げないといけませんね。

そう言えばこのエアコン、コンセントが見当たりませんよ?
ラベルを見てみると...あら、マルチエアコンじゃないですか。

これマルチエアコンですよ。他の部屋の室内機とも繋がってるハズです。
「え?他の部屋は全部新しいのに替わってるんですけど...」

室外機を見てみましょう。どこにあります?
「えっとですね... ここにあるんですよ...(^_^;)」
え?


えぇぇっ?これはなかなかの場所ですねぇ(^_^;)
「すみません。主人が物置作ってしまいまして...」


室外機を確認します。
あら、やっぱりマルチエアコンですね。。。

でも1系統は外されているので、撤去しても問題ありませんね。
しかし、この使い方って、もの凄い電気代掛かってたと思うんですけど(^_^;)

お奨めのAXVで御見積書を提出させていただき、ご用命いただきました<(_ _)>

では工事に掛かります。
既存のエアコン配管は壁内隠蔽になっていますが、今回の取替えで露出配管にします。
まずはこの棚に乗っているものを...


全部撤去しました。


ポンプダウンして室外機を取外します。
電源はここから立ち上げて、部屋の中へコンセントを増設します。


室外機の後ろはホコリが目詰まりしていました。
あれだけ囲まれていて、ホコリも付いていたら効きも悪いですねぇ...


室内機も撤去。
既存隠蔽配管は根元でカットして、壁内へ押し込みます。


位置決めをして、新しいエアコンの背面板を取付けます。


配管穴を新たに開けます。

目一杯右側へ寄せて穴開けをしているのには理由があります。後ほど。

配管穴には貫通スリーブを挿入しておきます。


外部から電源ケーブルを引込みます。


コンセントをここへ。電圧も200Vから100Vへ切り替えます。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


はぃ、先ほど配管穴を右側へ寄せていた理由はこちら。

二階のエアコンの配管が下りているので、まともに開けると突き刺してしまうんですよね。
はぃ、ちゃんと計算して穴開けしてますから(*´艸`*)

外部立ち下げは、スリムダクトで化粧仕上げ。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


少しでも通気性を良くするためと、室外機の底面の腐食防止にブロックも敷いておきました。

できたらここは、物置を撤去していただくことをお奨めさせていただきました。

作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

「わぁ、よく冷えますね。前のが効きが悪かったんですよ。これでこの部屋も快適になります。」と、大変お喜びいただきました<(_ _)>

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。