2017年4月24日月曜日

三菱霧ヶ峰GVタイプ×2台取付工事&専用コンセント増設隠蔽配線工事

FB友でもあるお客様からご依頼いただき、エアコンのご購入・取付工事・専用コンセント増設工事にお伺いしてきました。

三菱電機 MSZ-GV2216-W 霧ヶ峰汎用機です。


1台は取替えです。
9年前にこのお家へ引越しされる際に、分解洗浄と移設工事をご依頼いただいた内の1台ですが、運転音が高く、年式的にも古いので取替えをご希望です。


室外機は壁面置きです。架台は溶融亜鉛めっき仕上げなので、これを流用します。


実はエアコン専用コンセントが無くて、足元のコンセントから取っていました。

前回取付時にも、あまり良くない事をお伝えしていましたが、2階部分が1個のブレーカーで、2階部分のみでの消費電力からすると、特に問題はなかったのでこの様な状態でした。

もう一台の取付け場所も2階で、専用コンセントはありません。
配管穴は空いているので、前にお住まいの方がこの部屋でエアコンを使っていた様です。

今回、2台とも2階へ設置するので、当然容量的にNGです。
専用回路増設をお奨めさせていただき、エアコン工事と同時にご依頼いただきました。

まずは既存機を撤去します。


配管穴を利用して、呼び線を...


足元のコンセントに通します。
土壁なんですけど、ベニヤ板との間になんとか通ります。

このコンセント裏から、1階天井裏へ呼び線を落とし込みます。

1階にある分電盤からも、1階天井裏へ向けて呼び線を挿入。


これがですね... 1階の点検口が分電盤からかなり離れている上、大きな梁と土壁の竹組みが邪魔して、呼び線がまったく見えません...(´・ω・`)


ここでかなり悩みました。経路変更するか、一部露出配線するか。
ウロウロと建物の構造をチェックしていくと、ありました!
分電盤の上辺りに、小さな収納が(゚∀゚)
ここのベニヤ板を少しカットさせていただきます。


1階の天井裏が見えますが、呼び線が反対方向へ向かって入っています(^_^;)


ケーブルキャッチャーと右腕を開口部へ挿入して、必死で手繰り寄せます(^_^;)


で...出ました...良かった(*´ω`*)


ここを経由して、2系統ケーブルを通していきます。


なんとか通りました。


コンセントを取付けて、1箇所目完了。


もう1箇所は、2階天井裏を横引きして、土壁なので天井面の廻り縁に露出コンセントを取付けました。

後は、分電盤のところで専用ブレーカーへ接続して、電気工事は完了です。

電気工事と同時進行だったんですけど、記事は別としてエアコン工事に掛かります。
位置決めをして、背面板を取付けます。


室内機を取付けて、配管類を接続していきます。


室外機を接続し、電動真空ポンプを使用して、配管内部を真空乾燥します。


作業が完了すると試運転を行います。


もう一台も、異常がない事を確認してお引き渡しです。

...とか、サクッと書いてますが、1階2階の往復・脚立の昇り降り...かなりの時間と体力を使っています(^_^;)
合間合間でエアコンの取付けもやっていますから、なんかメインが電気工事みたいな感じでしたね・ω・

「面倒くさいこと頼んで、遅くまですみません。ありがとうございました。」と、こちらが時間かかって申し訳ないですのに、とてもお喜びいただきましたf(^_^;)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。

2017年4月22日土曜日

解約時違約金を取るヒドイADSL回線から愛媛CATVの安心なインターネット回線へ乗換工事

この前、電気工事にお伺いさせていただいたお客様宅に、阿部の大嫌いなADSL業者のモデムが座っていました(^_^;)

こちらのお客様は、古くから愛媛CATVのテレビサービスをご利用されています。
なぜADSL使われているのかお聞きしたところ、息子さんが県外へお住まいで、同じサービス同士なら通話料が無料なので、これを利用されているとお話されていました。
とりあえず愛媛CATVのインターネットサービスのご案内をさせていただきましたが、息子さんがそのサービスをお使いなら、今のままの方がいいですねと強くはお奨めしていませんでした。

それが一週間ほど前お電話いただき、「阿部さん、あれから息子に聞いてみたら、これはもう使ってないんですと。電話も携帯電話で無料で喋れるけん、阿部さんの奨めてくれた分にするわ。」と依頼いただき、お伺いしてきました。

既にCATVのテレビサービスに加入いただいていますので、申し込みしてから工事までの日程はさほど掛かりません。
早速工事にお伺いしてきました。

まず、いつもはしないんですけど、興味があるので久しぶりにADSLの速度測定を(^_^;)


お客様にお聞きしても、何Mbpsのサービスの契約をされているのか判りませんでしたが、6Mちょっと出ているところを見ると、8Mのコースですかね?

8Mのコースで大体月額3,000円ちょっとですから、愛媛CATVの10Mコース2,000円ちょっとの方がメリットが出ますね。

では、作業に掛かります。
CATV保安器のところから宅内へ、専用ケーブルを通していきます。


宅内へ引込みます。


標準工事は露出配線で、青いケーブルを専用ステップルで留めていくんですが、アベ冷熱技研でお申込みいただいたお客様や、古くからお付き合いのあるお客様には、モールを使って美観仕上げをアベ冷熱技研からプレゼント(*´ω`*)


この立ち下げ部分は、壁内に上手く通りそうだったので、モール仕上げでなく隠蔽仕上げ。
これも通常は別料金です。


先ほどのスイッチの裏側が電話ユニット。これを...


こんな感じにして、ケーブルを通してきました。


今回、ネットと電話のご契約なので、2分配器でケーブルを分けます。


宅内配線が完了すると保安器に接続する訳ですが、古くからご利用いただいているお客様宅には、テレビサービスのみの保安器が付いています。


古い保安器を取外して、双方向二分配形保安器に取替えて、ケーブルを接続します。


宅内へ戻り、受信レベルを測定。

問題ない、いいレベルが出ています(^^)

既存のADSLモデムを撤去して、CATVのモデムとEMTAを接続して電源投入。


持参したパソコンを接続して、速度測定を行います。


10Mbpsの光ハイブリッド10コースで、下り9.611Mbps。
ADSLに比べて3M程度増速しました。体感的にはまったく判らないと思います(^_^;)


キャンペーンプレゼントのWi-Fiルーターを接続し、スマホで速度測定して異常なし(^^)


電話機も接続して、通話に問題がないことを確認。

あとは、お客様のパソコンの接続設定と、メール設定を行ってお引き渡しです。

「阿部さん、このADSLはどうしたらいいの?」
お客様は高齢者ご夫婦で、手続きの方法が解らない上、最初の契約書もなく、毎月の利用料も銀行自動引き落としでしたので、一緒に解約手続きのお手伝いをさせていただきました。

ところがですね、「違約金が1万円程度発生しますがよろしいですか?」との声。
は?違約金?もう何年も使っているのに違約金って、どういう事?
「はい、2年毎の自動更新で、次回更新が来年8月となっていますから、1万円程度の違約金が発生いたします。」
なんか当たり前のように喋るオペレーターに頭にきまして...(^_^;)
じゃぁ、その更新前にお客様に書面かなんかで連絡したり、確認はしたんですか?
2年毎の更新をお客様は了解してるんですか?
オタク、そんないい加減な仕事で大丈夫なんですか?

...と、だんだん声を張り上げて怒り出す阿部を見て、お客様。
「阿部さん、もうえぇけん。1万円くらい、CATVに乗り換えた分の差し引きで、すぐチャラになるけんかまんよ。」と...

ホントだ(^_^;)
お客様の方が落ち着いていらっしゃって良かった(*´ω`*)
という訳で、無事解約、乗り換え完了となりました。

「阿部さん、ホントありがとう。もうね、年寄りやけんこういうのウトイんよ。また相談するけん頼むよ。」と、大変お喜びいただきました<(_ _)>

はい!ここまでの初期費用全部無料です!

初期費用無料の上に、ネット使用料も2ヶ月無料!
電話は2,000円キャッシュバック!

違約金???愛媛CATVも違約金はあります。
でも自動更新なんかありません。1年以内の解約は違約金が発生しますが、それ以降はいつ止めても別途料金は発生しません。
どこまでクソ真面目なんですか?愛媛CATV(*´ω`*)

アベ冷熱技研は、「愛媛CATV契約代行・映像通信工事認定店」です。
お客様の生活環境に合ったコースをご提案・設計させていただきますので、お気軽にご相談ください。

2017年4月21日金曜日

猫小屋?にエアコンと換気扇取付けて専用回路増設工事

「阿部さん、うちの家の脇に小屋作ったんですけど、そこにエアコンとか付けてもらいたいんですよ。」と、以前からのお客様のご依頼で、もろもろ工事にお伺いしてきました。

三菱電機 MSZ-GV2216-W 霧ヶ峰汎用機です。


小屋というか、プレハブ事務所の小さい版って感じですね。
しかし、このスペースによく入れましたね...(^_^;)


既存の電気設備は、20Aのブレーカーと、照明用ソケットとスイッチのみでした。


このスペースに、エアコンと換気扇、掃除機用にコンセントを1つご希望です。

畳一畳分くらいのスペースなので、エアコンも効きすぎるんじゃないかと思いますが、一番小さいのが6畳用なので、それを取付けます。

まずはエアコンから。
位置決めをして、配管穴を開けます。


室内機を取付けて、配管類を接続していきます。


裏側にはエコキュートのタンクユニットが座っているので、それを避ける様にブラウン色のスリムダクトで施工していきます。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


次に換気扇の取付けに掛かります。
100Φの穴を開けます。


こんな感じでパイプファンを取付けます。

ON/OFFはタイマーで。

プレハブで壁の厚みが35mmしかないため、飛び出た感じになりますが、「雨仕舞いだけしてもらったら十分です」とのご了解をいただいています。


小屋内の機器取付工事が完了すると、母屋の分電盤から、専用回路増設を行います。
分電盤から...


ユニットバスの点検口を経由して...


小屋の脇へケーブルを出してきます。


小屋との間は、塩ビ管とPF管を使ってケーブル保護。


あとは小屋内設備に接続して、電源投入。

ランプもLEDランプにして、換気扇はタイマーで決まった時間帯に運転する様に設定。

エアコンも試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

で、この小屋で何するんですか?とお聞きしたところ、「猫のための小屋です。家の中で飼ってると臭いがすごいのと、ちょっと離れた生活もしようかなと思いまして。」...ね、猫ちゃんのお部屋ですか(^_^;)
この後お客様、木材を使って、一生懸命猫ちゃんたちの遊び場を作っていらっしゃいました。
ある意味、人間より快適な小屋ですね...

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」「第一種電気工事士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。