ラベル 電気工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 電気工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年1月12日木曜日

賃貸ビルテナントで飲食店開設のため電気設備改修工事

昨年から取り掛かっていた、テナント店舗の電気設備改修工事が完了しました。

FB友の「ふじ屋」さんから、「阿部さんは電気工事もやるんですよね。いま知り合いの店舗改装してるんですけど、お願いできますか?」と、お問い合わせいただき、「もちろん!」と言うことで、現地拝見。

これは、なかなか面白そうな物件じゃありませんか(・∀・)

テナントに付いている分電盤。

ブレーカーは付いていますが、二次側のケーブルは全部撤去されていました。
なぜ撤去されてるのかは意味不明です(^_^;)

電灯側主幹ブレーカー。

漏電遮断器ではありますが、中性線欠相保護は付いていません。
建物と同じ年式なので、かなり古いですね。。。

動力側主幹ブレーカー。

動力契約なんか必要ないんじゃない?というくらいの部屋の広さですが、電灯回路が30Aしかないので、エアコンなどは動力回路を使うしかありませんね。

計器盤脇にある主開閉器。
ここから各部屋へ送られている訳ですが、開閉器がCKS。。。

ここは触らず、テナント盤の漏電遮断器は、安全のために取替えておいた方がいいですね。

なにせ予算が少ないと言うことと、ふじ屋さんが「なんでも自分でやってみたい人」(^_^;)なんで、ケーブルの仕込み作業はふじ屋さんが、四国電力への申請手続きや結線接続・配線器具取付けなどの電気工事士資格が必要な部分は、阿部が行うことになりました。

後日「配線終わりました」の連絡をいただいて、結線作業にお伺い。

点検口にまとめられたケーブルを、コンセント回路、スイッチ回路と結線していきます。

埋込コンセントやスイッチの取付けは、電気工事士の資格が必要です。


すべての器具類の接続が完了すると、絶縁抵抗計を使って、各回路に異常がないか確認。

異常がないことを確認後、電源投入です。

電灯側主幹ブレーカーは、中性線欠相保護付き漏電遮断器30Aです。

30A、貧弱ですけど、テナントの場合、容量を上げるには結構な投資が必要になるため、今回はこれで様子を見ます。

動力側主幹ブレーカーも、新しい漏電遮断器に取替えました。
30Aでしたが、今回エアコンしか使わないので、15Aにしました。

エアコンは別の記事で書きますね。

あとは、各コンセントの電圧測定、スイッチ回路の動作を確認してお引き渡しです。

お店は2月OPEN予定です。
内装工事がまだ続いているので、お店の写真が掲載できるのはもぅちょっと先ですね。

ふじ屋さん「ちょっと僕も電気工事士の勉強しよぉかなぁ」(・∀・)おっ、ぜひ!
なんでも興味持ってやる方、応援します(^^)v

アベ冷熱技研は「四国電力(株)請負計器工事認定店」です。
登録電気工事業者で、第一種電気工事士が責任を持って電気工事を行います。
この様な電気工事や修理・点検もお気軽にご相談ください。

2016年8月18日木曜日

ブレーカーが落ちるので電気容量を増やす電気工事

「電気の容量が少なくてブレーカーが落ちるので、容量を増やしてほしいのと、コンセントの数を増やしてもらいたい」とのご依頼で、電気工事にお伺いしてきました。

既存の分電盤です。
主幹ブレーカーが30Aで、分岐ブレーカーが3つしかありません。


まぁ使えないこともないですが、電気製品の多いお宅では完全に容量不足です。
引込みは単相3線式。


お部屋を拝見すると、コンセントが...


スイッチも...

クロス貼り替えるつもりでプレート外したままって感じですね...
この辺も取替えます。

四国電力へ電力申請を行い、受理されると工事に掛かります。
既存分電盤を撤去し、新しいケーブルを入れます。


電気容量が増えますから、一次側ケーブルも太いものに入替えます。
右が既存ケーブル、左が新しいケーブル、許容電流値は倍以上になります。


増設コンセント回路のケーブルを通していきます。
増設は2階へ2回路。


壁の中を立ち上げて、天井裏を通していきます。


ご希望の位置を開口して、ケーブルを通します。


エアコン専用はアース線も。


こんな感じでトリプルコンセント。
左は既存回路、右は専用増設回路です。


エアコン専用コンセントはアースターミナル付き。


スイッチもピシッと取替えます。


スマートメーターに取替え、トルクドライバーを使って規定値で締め付けます。


引込みケーブル張替えは四国電力側施工なので、仮接続しておきます。


すべての接続が完了すると、絶縁抵抗計を使って漏電がないか確認。
あとは電源を投入して、お引渡しです。

主幹容量は30Aから60Aへ増量。
回路数は3回路から6回路へ増えましたから、安心してご使用いただける様になりましたね。

フタを閉じるとこんな感じ。
玄関なので、スッキリしましたね。


ついでにエアコン室内機の位置替えもご依頼いただきました。


こんな感じで完成です。

アベ冷熱技研は「四国電力(株)請負計器工事認定店」です。
登録電気工事業者で、第一種電気工事士が責任を持って電気工事を行います。
この様な電気工事や修理・点検もお気軽にご相談ください。

2016年7月25日月曜日

スイッチコンセントをコスモシリーズ配線器具に一斉交換

分譲マンションにお住まいのお客様からのご依頼で、古くなったスイッチコンセントを、Panasonic製コスモシリーズワイド21タイプに一斉交換へお伺いしてきました。

コスモシリーズワイド21→ http://www2.panasonic.biz/es/densetsu/haisen/switch_concent/cosmo_wide21/

既存の配線器具はこんな感じでした。

National時代のフルカラー配線器具です。

浴室をリフォームされた際に、洗面所だけコスモシリーズに替えたら、「他も全部やりたくなった」との事で、今回のご依頼です。

例えばここ。

一番上が廊下の照明スイッチ(3路式)。
二番目がトイレの照明スイッチ。
三番目がトイレの換気扇タイマースイッチ。

ちょっと大きめに開口します。


はい、こんな感じ。

左が廊下の照明スイッチ(3路式)。
右がトイレの照明と換気扇スイッチ。

右側のスイッチには、換気扇だけ一定時間運転して遅れて消える、消し遅れスイッチをご提案させていただきました。

毎回タイムスイッチをグルグル回す手間が無くなり、スッキリしますよ(^^)v

結構な量になりましたが、すべて交換。

配線器具が新しくなるだけで、お部屋の雰囲気が全然変わって見えるから不思議ですねぇ。

アベ冷熱技研は、第一種電気工事士が責任を持って電気工事を行います。
この様な電気工事や修理・点検もお気軽にご相談ください。

2016年6月2日木曜日

ワンちゃんのトレーニングルームへエアコン新設工事

介助犬や聴導犬のトレーニングを行っている「Dog for Life Japan」さんのご依頼で、今回お引越しされたトレーニングルームへ、エアコン新設工事にお伺いしてきました。

三菱電機 MSZ-GV565S-W / MSZ-GV405S-W 霧ヶ峰汎用タイプです。

建物は以前パン屋さんだったところで、賃貸契約です。
以前は業務用エアコンが付いていた形跡がありますが、空調設備は残っていなくて、きれいにリフォームされていました。
と言う事で、エアコン専用電源もなく、エアコン設置場所を決めて、そこにエアコン専用コンセントも増設する作業になります。

まずはエアコンを設置する場所を決めて、配管穴を開けて。


一箇所しかない点検口から、2箇所へケーブルを通していきます。


天井裏は結構スペースがありますが、以前設置されていた業務用エアコンの配管類に邪魔されます。。。


一箇所はスルスルっと。


もう一箇所は結構大変で、壁面に通らず天井面にコンセントを設置。


分電盤は分岐回路が満杯なので、横にフリーボックスを付けてブレーカー2個設置。


こんな感じで、増設電気工事完了。


エアコン工事に掛かります。
背面板を取付けます。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


外部配管はテープ巻き仕上げ。


配管接続完了後、電動真空ポンプを使用して、配管内部を真空乾燥します。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

これでワンちゃんたちも快適にトレーニングできる様になりましたよ(*^^*)

ご依頼いただいた「Dog for Life Japan」のインストラクター 砂田さんとは、Facebookの交流会で知り合いになりました。
日々、阿部がFBで書いていることに興味を持っていただき、今回お声掛けいただいた次第です。


アンケートもご回答いただきましてありがとうございます。
こうやって声を聞かせていただけるのは、本当にありがたいです。

Dog for Life Japan」では、介助犬のトレーニングだけでなく、しつけ教室などもされていますよ。
ワンちゃん大好きな砂田さんが、やさしく指導してくれるのでお奨めです(^_-)