ラベル 勉強・研修 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 勉強・研修 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年11月18日土曜日

空調屋なのになぜかインバウンド対応セミナーに参加してきました

年末へ向けてたくさんの工事ご依頼と、エアコン分解洗浄のご依頼をいただいて、誠にありがとうございます。
そろそろ年内工事のご依頼を締め切らないと、大変な事になりそうな予感がしている阿部です(^_^;)

そんなバタバタにも関わらず、今日は午後からボウズマンに会いに行ってきました(*´∀`*)


...じゃなくてですね(^_^;)
サイボウズ松山オフィスで開催された、セミナーに参加してきました。


阿部はこの前から講習会やら展示会やら、仕事ほっぽらかして今度はセミナーかぃ?
えぇそうです。それも「インバウンド対応講座」。


は?インバウンドって言うと「外国人が訪れてくる旅行のこと」じゃなぃ。
阿部は空調屋だろ?海外の観光客の話なんか聞いてどうすんの?
って、普通は思いますよね。

このセミナー3回に分かれていて、今日が2回目開催。
この講師のお話を、どぉーーーしても聞きに行きたかったんです。


伊予郡松前町の出会大橋そばにある、Groove代表 平磯正吏さん。
Groove → https://www.facebook.com/Groove-138693489600136/

以前にもこのBlogでご紹介しましたが、もともと車屋さんですが、趣味が高じて自転車、そしてカフェまで。
トライアスロン大会にも出場する、アイアンマンです。

Grooveさんには自転車好きさんがたくさん集まるんですが、ここ数年サイクリングでショップを訪れる外国人さんが増えているそうです。
そんな外国人さんたちとの出会いや、片言の英語しか喋れない状態で参加した海外のトライアスロン大会の経験など、写真を交えて面白くわかりやすくお話いただきました。

内容をざっくり言うと、言葉が通じなくても、お互いの人を思う気持ちと分かり合おうとする気持ちがあれば何とかなるというお話です。
あ、いや、もっと濃いく深く感動的なお話だったんですけど、ここには書きたくありません。
セミナーに参加した人だけの特権(*^^*)
このお話が旅行とか観光に関連のない様な空調屋の阿部にも、いろいろと考えさせられる、突き刺さる部分があった訳ですよ。
これはですね、参加した人間じゃないと解らない。絶対教えない(^_^;)

今回のセミナーに誘ってくれたのは開催者でもある、naturel代表 藤山健さん。

同じ築山町出身の先輩です。
元カフェオーナー。コーヒー鑑定士。今はいろんな事に首を突っ込んでいて、今は何をやってるのかよく分からないけど凄いことやってるって人です(^_^;)ホメテンノカケナシテルンカ
休憩時間には、久々に藤山さんが淹れたコーヒーをいただきました(*^^*)

最後には質疑応答と意見交換。

これまた参加しているみなさんもその業界のプロの方たちですから、さまざまな質問や意見が飛び交いました。
阿部は部外者っぽく座っていましたが、みなさんのお話もとても興味深く聞くことができました。

今日一番感じたのは、相手が日本人であろうと、言葉が通じない外国人であろうと、要は人と人。
こちらが心を開いて動けば、できない事はない。
そしてその時できた繋がり、絆はずっと続いて行くということ。
それはインバウンドの世界だけでなく、自分のやっている事にも繋がっていると気付きました。
これからもそういう心持ちで。

えぇ~っと、じゃぁまずは英語から学びますかね(;´∀`)

2017年11月16日木曜日

2017 三菱電機 暮らしと設備の総合展 in広島

今日は快晴!最高の工事日和! ...でしたが(^_^;)

来島海峡大橋(・∀・)


途中、広島名物あなごめし!(・∀・)

ん?広島名物って、牡蠣・お好み焼き・もみじ饅頭のイメージなんですけど...(^_^;)

とか言いながら、やってきました広島産業会館!

2年に一度開催される、三菱電機の最新機器を間近で見れる展示会です!
二日間開催されるこの展示会は、大型バスを連ねて中四国エリア全県から各業界の業者さんがやってきます。

阿部の狙いは当然!
ギネス記録にもなり、50周年を迎えた霧ヶ峰(・∀・)


2時間の見学時間のほとんど、このブースに居ました(^_^;)

三菱の担当の方と、かなり深く濃いく話し込みましたよ。
ほとんどがダメ出しな話になりましたけど、それも三菱を思ってのこと。
担当の方も、「情報ありがとうございます。持ち帰って早速検討します。」と、真剣に聞いてくれました。
現場の声をしっかり聞く。こういう姿勢が長持ちするいい製品作りに繋がっているんですね。

三菱製品は幅が広いですから、全ブース回るにもかなりの時間が掛かります。


ゆっくり話し込んでいたら、2時間で全ブースは回れませんね。

阿部はエアコン、エコキュート、IHクッキングヒーターを重点的に周りました。
途中、炊飯器と液晶テレビには感動しましたけど(^_^;)

いい勉強になりました。
また自信を持って三菱電機製品をお奨めできますよ(*^^*)

帰りもバスでしまなみ海道。

片道3時間ちょっと... 近いようで遠いですね、広島(^_^;)
はぃ、一日休んだ分、明日からバリバリ働きますよぉ...ぉぉ

2017年11月14日火曜日

総務省主催4K・8K放送に関する技術講習会

午後から、愛媛県生涯学習センターで開催された、「総務省主催 4K・8K放送に関する技術講習会」に行ってきました。

来年から実用放送が始まる4K・8K放送(一部CATVなどは放送中)。
「4K・8K?何それ?」って言う方は、ググって調べてください(^_^;)

実はいろいろと問題が発生します。
その問題発生を抑えるために、我々施工業者へ向けて、総務省が全国で講習会を行っています。

これからの新築などは、最新の機器や部材を使って施工するので問題は起こらない(施工不良以外)と思いますが、今までの既存設備を使用しているところへ、周波数の高い4K・8K放送を流すと、周辺の無線機器に影響を及ぼすんだそうです。


身近な無線機器と言えば、WiFiルーターとか。

これは同じ周波数帯を使用しているため、古い設備を使っていると、そこから電波が漏れ出したり、飛び込んできたりして、不具合が起こってしまうんですね。

今後の動きとしては規則改定によって、「技術基準を満たさない受信設備の利用は電波法違反となる」可能性が出てきました。


「え?じゃぁ私たちはどうしたらいいの?」ってお客様は思いますよね。
はぃ、きちんとお勉強している業者さんにご依頼ください。当たり前ですね(^_^;)

技術基準に適合した部材を、知識と技術を持った施工者がきちっと施工すれば、何ら問題は起こりませんよね。

「どうやってその業者を探せばいいの?」って思いますよね。
さぁどうしましょう(^_^;)
今の段階では、ブログなどで施工事例を丁寧に掲載している業者さんなんかは信頼が置けますよね。
今後はこの総務省主催の講習会を受講した業者さんは、ホームページ上で公開してくれるそうです。
それがいつ頃か?とか、どこのサイトで公開されるのか?は、ハッキリしていません。
この講習会も来年3月まで開催される様なので、それ以降になるんじゃないかなと思います。
どこに依頼するか、当面悩ましいと思われるかも知れませんが、ハッキリ言ってきちんと施工されている業者さんなら、この辺は全く問題ないレベルですから。
変な業者さんに当たらない事ですね(p_-)

「総務省主催4K・8K放送に関する技術講習会(電波漏洩に関する技術講習会)」
→ http://www.apab.or.jp/technological-workshop/

2017年10月29日日曜日

マイホームフェスタ2017へ行ってきました

この土日、台風接近で雨模様。
現場作業の延期もあって、今日はお休みしました。

まぁ休みだからといって、ぼぉ~っとしてる性格じゃないんで、FB友さんからも招待状いただいていました「マイホームフェスタ2017」に行ってきました。

毎年、アイテム愛媛で開催されている、県内の住宅メーカーさんや建設業関係の方々が開催するイベントです。

昨年は行けなかったんですが、2年ぶりに最新住宅情報を仕入れに(*^^*)
アベ冷熱技研は、基本空調屋ですが、建物の構造や壁内に使用されている部材を知っておく事は、とても大切な事です。


会場には、子供たちも遊べる場所があったり、飲食コーナーもあり、ほぼ一日楽しめます。


会場に着いて最初に行ったのが、FB友でもある「自然派住宅専門店ワンズスタイル」代表の神野和彦さんが企画した、「木のリノベーション スペシャルセミナー」。


いや実はですね、軽い気持ちで席に座って聞き始めたんです(^_^;)


あら、この方、結構テレビとかに出演されてて、結構有名人っぽいですよ・ω・


マンションを主体にリノベーションをされているそうで、最近流行りのお洒落なリノベーションの危険性や、悪質業者の実態などを、写真事例を交えて講義いただきました。

コンクリートの天井や壁面をわざと見せるスケルトン仕様のお部屋。
見た目はいいけど、断熱されていないから結露しまくりで、カビだらけ、水分を大量に含んでコンクリート壁の崩落、エアコン落下など、、、見た目重視で望むとかならず失敗するという、阿部にとっては何ともワクワクする事例がいっぱいでした(^^)

「いい仕事をすればするほど儲からない。そんな業界が無資格、無知識な悪質業者を産んでいる。」その言葉が、阿部にはぐっと身に沁みます。
誰のため?もちろんお客様のため。損をしてほしくない。失敗をして欲しくない。
そんな思いから、「信頼されるためにはどうしたらいいか?有名になればいいじゃない!」という気持ちから、メディア(フジテレビ:にじいろジーン等)に出演される様になったそうです。
有名人のいう事しか聞かないこの世間もどうかと思いますが、こういう一直線な人、大好きです(*^^*)

株式会社サンビック」代表 友政伸也さん。

ここで詳しくは書きません。サンビックさんのホームページをご覧ください。
リフォーム・リノベーションの業界にも、こんなすばらしい取り組みをされている業者さんがいるんだと感激しました。
何百万・何千万と掛けるリフォームを、どの業者に依頼するかはお客様次第です。
良質な業者は10%ほどしかいないこの業界で、本当にいい業者を見付けれるかもお客様次第です。
そういう見分け方を学ぶには、とてもいいセミナーだったと思います。
あ、松山では「ワンズスタイル」さんがお薦めですね(*^^*)

そのワンズスタイルさんも、大きなブースを展開していました。


愛媛の南予方面では、「オンリーワンハウス昭和建設」代表 氏間貴則さんとこですね。
氏間さんは神野さんと伴に、かなり以前から自然派住宅に取り組んでいる先駆者です。


他にもいろいろ周りました。
愛媛CATVもブースを出していたので寄ってみましたが、かなり盛況でぜんぜん声も掛けることもできず(^_^;)


最後に寄ったのがコチラ。
松前町にある、「新興工機株式会社」さん。

以前からのFB友でもある、Iさんからお誘いのチラシをいただいたので、是非立ち寄ってみたかたブースです。
Iさんは「僕、写真ダメなんですよぉ~」ということで、殺風景な感じの画になってますが、この周りにも結構興味を持たれたお客様が展示品をご覧になっています。

一番興味があったこの商品。
以前から、「阿部さん、うちの事務所に事実物設置してるんで、見に来てください。」ってIさんにお誘いいただいていたんですが、もぉずっとバタバタで今日まで拝見できていなかった商品。
「ステラシステム」です。

これ空調システムです。
写真右側のパイプを組合せたパネルの中に不凍液が流れていて、その不凍液を左のヒートポンプで冷やしたり温めたりして、冷房・暖房を行うシステムです。

いわゆるオイルヒーターっぽい感じで、パネルから発せられる輻射熱を利用します。


エアコンで言う、熱交換器をむき出しにして部屋の中に立ててある感覚です。


ただしこのステラシステム、他のメーカーとは違い、パイプ素材がポリプロピレンという樹脂でできています。

他メーカーでは金属製が多い中、樹脂製を使うメリットは、腐食しない・手で触っても強烈な熱さを感じない・リサイクルが容易などがあります。
今回、広い会場で体感する事はできませんでしたが、新興工機さんの応接室に設置されているそうで、夏場はエアコン無しでかなりひんやりと爽快感が味わえたそうです。

このシステムの最大のメリットは、「無風」。
そう、自然循環なので、風がありません。
エアコンの風が嫌いなご高齢者さんや、風が当たると困る細かな作業をされるお部屋などに最適です。
近いうちに、老人ホームへの納入も決まっているそうですよ。
空調屋の阿部としては、これも目が離せない商品ですね(*^^*)

他のブースもいろいろ拝見させていただきました。
お久しぶりのFB友さんたちや、取引業者の方々ともお会い出来て良かったです。
今日もいい勉強させていただきました(^^)

2017年9月22日金曜日

平成29年度 後期技能検定受付がはじまります

平成29年10月2日(月曜日)から、「平成29年度 後期国家試験技能検定」の申請受付が開始されます。

↑画像クリックで詳細がご覧いただけます

受付期間は10月2日(月)~10月13日(金)までなので、受験を検討されている方はお早めにお申し込みを。

エアコン工事に関わる「冷凍空気調和機器施工」の試験は、この後期に行われます。
冷凍機・空調機を扱う職人さんたちは、持っていて当然の資格と言えるこの資格。
アベ冷熱技研も所属している「愛媛県冷凍空調設備工業会」では、全員1級取得を目指し、この業界の発展・地位向上のため、所属会員の後押し(講習会など)を行っています。


この検定試験は通常の国家試験と違い、ペーパーテストだけでなく、図面から実物を組み上げる実技試験も行われ、成績優秀者は盛大な表彰式会場で、記念の盾と表彰状が授与されます。

同業者のみなさん、ぜひ1級取得を!
そして一緒に上位資格を目指しましょう(^^)v
この業界の発展のため、しいては地球環境保護のため、「1級」取得者が増えることを期待します。

「技能士の資格ってナニ?」 : アベ冷熱技研

2017年2月25日土曜日

むっちゃ楽しい!「銅管ろう付技術講習会」に参加してきました

昨日、今日と2日間、以前からもの凄く楽しみにしていた講習会に参加してきました(^^)

平成28年度経済産業省冷媒管理技術向上支援事業の「銅管ろう付技術講習会」。

昨年も開催されたんですけど、組合のイベントと重なっていて涙流しながら見送ったんですけど、今年も開催されると聞いて即申し込みしました(^^)

エアコンや冷凍機の施工に必須の銅管。
銅管(冷媒配管)の中をフロンガスが循環して、お部屋を冷やしたり暖めたりしている訳ですが、この銅管を接続する方法のひとつとして、「ろう付(ガス溶接)」があります。
ガス溶接は、アセチレンと酸素を混合点火し、約3000度の高熱を使って配管どうしを接続します。

フロンガスの地球環境問題が懸念される中、フロン排出抑制法などで、廃棄時の大気放出は減少傾向にありますが、実は運転中のエアコンや冷凍機からは、同規模程度の大気漏洩があるそうです。
これを少しでも減少させるためには、「漏らさない施工」が必要です。
しかし溶接技術は、人によってマチマチ。
今まで配管ろう付に特化した講習会などはなく、現場で先輩の施工を見ながら憶えるのがほとんどでした。

地球温暖化防止に貢献するため、職人の技術力アップと、質の高い後継者育成のため、我らが日本冷凍空調設備工業連合会が、経済産業省の支援を受けて全国各地で開催してきました。
国の支援事業ですから、「無料!!!」ですよ(・∀・)
今年度最後の講習会が、ここ松山で行われた訳です。

ね、結構スゴイ構想の講習会でしょ。ワクワクしてたまらなかったんです(*^^*)
1日目の午前中は座学。

ろう付に特化した最高のバイブルですよ、これ。
このテキストもらえるだけでも、2日仕事休むメリットは十分あります(*^^*)

1日目午後から、2日目まる一日は、待ち望んでいた実習作業(・∀・)


普段、中規模クラスのエアコンまでしか施工しない阿部が、初めて触れるこの38mmサイズ(^_^;)


冷凍機などに使われている、Co2用銅管。
Co2は温暖化係数1と環境にやさしい冷媒ですが、設計圧力がフロンの4倍近くあるので、配管の肉厚もスゴイですね。


銅管と異種素材の真鍮ソケットとの、銀ろうを使ったろう付も体験できます。


配管を立てて、銅管とソケットの間に上向きにろうを流し込んだり。


横に寝かせて、極力ろう垂れを抑えて上下まんべんなく流し込んだり。


周りに障害物があると想定して、前方からしか作業できない状況で、どれだけ上手く後ろへろう付するか。


後ろは鏡を使って確認しながらの作業... かなり実践的です。


溶接作業が終わると、ここからがキモです(^^)
ろう付した配管を、電動ノコで縦割りにします。


こんな感じで。

普段は写真右側しか見えませんが、割っちゃうので左の様に中身も見えるんです。
ソケットと銅管の間には、しっかりとろうが回っていて、いい感じに溶接できています(*^^*)
阿部的には、もう少し内フィレットにロウが回ってたらなぁという感じです。

はい、ここで終わりじゃありません(^_^;)
これを平べったくして、つなぎ目を無理矢理そらします。
しっかりとろうが回っていると、めくれる事はありません。


焦って作業すると、ろうがまんべんなく回らず、こんな感じでめくれてしまいます...

外側がキレイに繋がっていても、内側はこんな感じになっているかも知れない訳です。
しっかりと炙って、しっかりとろうを流し込む事の重要性が解りますね。

今回、定員12名で満席でした。
一緒に受講されたみなさん、ホント熱心で凄かったです。

溶接、奥が深い(^^)シミジミ

この講習会、来年度以降も続けてくださいってお願いしましたが、国の支援事業としての開催は、今回が最後だそうです。
ただし、我らが日設連は、もっとたくさんの人に受講していただきたとの思いから、来年度からも続けて行ける様頑張りますとの事でした。
まぁ恐らく、もぅ「無料」では難しいと思いますが、これは受講料払ってもメリットの方が大きいです。
ぜひ全国の同業者さんにも参加していただきたいですね。

いやぁ~ホント、むっちゃ楽しかったぁ~(*^^*)