ラベル 修理作業 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 修理作業 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年4月6日木曜日

エアコンがいつまで経っても暖まらない?点検修理にお伺い

「阿部さん、忙しいですか?ちょっと前からエアコンが効かないんですけど、見てもらえませんか?」と、2年ほど前にエアコンをご購入いただいたお客様からご連絡いただき、お伺いしてきました。

いつもの事ですが、最悪の場合を想定してフル装備でお伺い。
まずは点検するために、暖房運転開始。


わ、30度に設定されています(^_^;)

「ホント30度にしてても、全然効かないんです...」

温風が出始めました。

手をかざして見ると、暖かいと言うより「熱い」風が出ています?
ただし、ただしですよ、、、明らかに風量が少ない・ω・

解りました!

フィルターですね(^_^;)

ここまでビッシリ目詰まりしてしまうと、風なんか通りません。
しかしスゴイなこれ。

でも、熱交換器にホコリが回り込んでいる感じは見受けられません。


フィルターを洗ってみましょう。

あれ?中性洗剤でまったく落ちませんよ?
ハイターもお借りしましたが、粘ついて落ちる気配がありません...

フィルターが破れるとマズイので、ちょっと時間が掛かりますが、事務所に持ち帰って強力洗浄剤で洗います。

おぉ...気持ちがいいくらい、ドロドロっと(^_^;)

新品のフィルターに戻りました。


あとはフィルターを挿入して、再度暖房運転。

洗う前と洗った後の体感風量が、まったく違います!
「うわぁ、こんなに風が出るんですね(・∀・)フィルターだけでこんなに違うんですね。」と感動されてました(^_^;)

毎回このBlogでも書いてますが、霧ヶ峰に限らずどのメーカーでも、フィルター自動掃除機能付きエアコンは、その仕様上、空気中の油分に弱いです。
油分がフィルターに付着すると、掃除機能のブラシでこすってもホコリが取れず、フィルターに塗り込んでしまうんですよね。
ダストボックスは定期的に掃除していただいていた様ですが、フィルターは見ていなかったそうです。
まぁ、阿部の説明不足でもあるんですけどね<(_ _)>

リビング・ダイニング・キッチンの場合、IHクッキングヒーターをお使いのお宅はそうでもありませんが、ガスコンロをご使用されているお宅が結構この様な感じになっていますね。
なぜそうなるかは今回は書きません。
ちなみにこちらのお宅は、ガスコンロでした。

ふぅ...良かった、機械の不具合じゃなくて(^_^;)
各メーカーの開発担当者さん、そろそろ自動掃除機能止めませんか?

アベ冷熱技研は、「 一級冷凍空気調和機器施工技能士」が点検・修理を行いますので、お気軽にご相談ください。

2017年2月20日月曜日

暖房が効かないエアコンの部品取替修理(日立 RAS-E22Y)

一昨年前にエアコン分解洗浄をご依頼いただいたお客様から、「エアコンがいつまで経っても暖かい風が出てこないんで、見てもらいたい。」とご連絡いただき、点検にお伺いしてきました。

日立製 RAS-E22Y(2009年製)フィルター自動掃除機能搭載機です。


冷房が効かないとか、暖房が効かない場合、いろんな原因がありますが、まずはガス圧測定。
洗浄の際、当社が一度取外していますから、そこはしっかりと責任範囲です。
...が、ガス圧測るまでもなく、コンプレッサーとファンが回り始めて、しばらくすると停止?

フル運転する前に停止。これを繰り返しています。
室外機の天板を開けて、基板を確認します。

ありました。LEDランプが異常を知らせる点滅を繰り返しています。


「LD301」が12回点滅。症状は「ファンロック停止」。

確かに、ファンは弱々しく回っているだけです。

さて、ファンモーターが悪いのか?動作制御している基板が悪いのか?
両方替えれば簡単ですが、それでは修理費用がかさみます。
ファンモーターに異常がないか、抵抗値を測定して調べます。

今回は基板の不良と判定しました。
ここは当社保証範囲外なので、修理のお見積りをお伝えさせていただきます。
約7年経過していますが、耐久性の高い日立製ですし、自動掃除機能が付いている高級機種ですので、取替えよりは修理をお奨めさせていただき、本日再訪修理にお伺いしてきました。

既存の基板を撤去。


日立、何なんですか?
通常は中の基板だけですけど、箱ごと...それも電源端子、サーミスタまでそっくりセットになってます(^_^;)


新しい基板を取付けて、コネクタ類を接続していきます。


あとは試運転を行って、異常がないことを確認して作業終了です。

「おぉ、復活しましたね!」と、大変お喜びいただきました(*^^*)
まだまだ頑張ってもらえそうですよ。

アベ冷熱技研は、「 一級冷凍空気調和機器施工技能士」が点検・修理を行いますので、お気軽にご相談ください。

2017年2月3日金曜日

エアコンが効かない! 点検。 え?って言うの多いです...

冬でもエアコン修理のご依頼、結構あります。
以前は冬場はファンヒーターとかストーブとかで暖を取る方が多かったので、修理も少なかったんですけど。
エアコンの省エネ化で、火を使わない安全なエアコンで暖房する方が増えましたね。
その分、修理のご依頼も増えてきました。

アベ冷熱技研では繁忙期でない限り、他社施工のエアコン修理もお引き受けしています。
今日は以前施工させていただいたお客様の、ご実家に設置されたエアコンが効かないとの事で点検のご依頼。

「基本的には施工業者に修理・点検はお願いしていただく方が、保証とかの面でもよろしいかと思います。
当社施工品以外は、もし治らなくても出張費・点検費用をいただく様になりますので。」

修理のご依頼の際、毎回そうご説明させていただきますが、「いや、もうあそこに頼みたくないんよ。阿部さんにお願いしたいんで、費用が掛かってもいいですから。」と、いつも言われます。
ありがたいお言葉なんですけど、そんな業界ってどぉなんですかねぇ…(´・ω・`)

という訳で、点検にお伺いしてきました。
元気に動いていますが、風量が少ないですよぉ~…


やっぱり……(_ _;)

ホコリがびっしりフィルターにへばり付いて、フィルターが変形するほど内側に吸い込まれています(T_T)

フィルター外したらガンガン暖房が効き始めました。
フィルターは定期的に掃除してくださいねぇ~。

「え?こんな事しないといけないの?え?自分で?え?1年に一回くらいでいいの?」と、お客様。
あのぉ~、取付けた業者さん、なにも説明してくれなかったんですかぁ~?(^_^;)

「え?じゃぁ、もぅ一台あるんですけど、ついでに見てもらえます?」
あ!霧ヶ峰じゃないですか(・∀・)
これ、フィルター自動掃除機能付きなんですよ(^^)v

「あ、これは自動で掃除してくれるんですね?じゃぁ掃除しなくていいのね?」
いえいえ、これもダストボックスというのがここにありまして…

うわっ!・ω・


6年間まったくお掃除されてないそうです(p_-)

さすが三菱ですね。
ちゃんとダストボックスに溜まってますよ。
6年分…(^_^;)

で、なんか違和感感じたんですよね。
横から見ると、ナントまぁ……

これで今まで水漏れしてない三菱霧ヶ峰。
ある意味スゴイです…

はい、大変危険な状態です。
6年経過して、内部も汚れていましたので、エアコン分解洗浄をお奨めさせていただきました。
洗浄時に取外しますから、再取付けの際にしっかりと固定させていただく事になりました。

良かったですね、アベ冷熱技研にお声掛けいただいて(*´ω`*)
アベ冷熱技研は、「 一級冷凍空気調和機器施工技能士」が点検・修理を行いますので、お気軽にご相談ください。

2017年1月27日金曜日

エアコン熱交換器 ピンホールガス漏れ動画をUPしました


1月25日に書いた「ガス漏れ?のエアコン 室内機の位置を変えて取替工事」の記事で、撤去したエアコンの熱交換器。

どうしてもやってみたかったので、窒素ガスで2.0Mpaまで加圧して気密試験をやってみました↓


ちなみにこの部分、どんなに目を凝らして見つめても、穴は見えません(^_^;)
水に漬ける前にギュポフレックス(ガス漏れ検知剤)を噴き付けてみましたが、当然ですが全く反応なしでした。

かなり微量なので、暖房運転してガス圧を上げた状態でないと、リークテスターでも反応しないかも知れませんね。
実際現場で、室内機の前面カバー外さずにリークテスターで当たっても反応ありませんでしたから。。。

これ動画にしてどうする?
はぃ、ただの自己満足です<(_ _)>

2016年8月27日土曜日

故障したエアコンは買い替えか?修理か?

いつもお声掛けいただいている、フィットネスクラブのオーナー様から「トレーニングルームのエアコンの音が高くなったので、いつでもいいから見て欲しい」とご相談いただき、点検修理にお伺いしてきました。

ダイキン製 天井カセット形パッケージエアコンです。

「ゴーーー」って言う音が響いています。

ファンモーターのベアリングですね。
ベアリングとは、ファンモーターの中心にあって軸をスムーズに回転させる部品です。
(詳しくはググってウィキペディア等でご確認ください)

このエアコン、製造年が2000年です。
16年ですか... 家庭用ルームエアコンなら即座に引導を渡される年数ですが、業務用はそうとも限りません。
家庭用とは違い、モデルチェンジしても内部構造はそんなに変わらないので、同じ形の部品がなくても、共通部品として使える部品があったりします。
ファンモーターなどは、16年くらい経過してても全然修理可能です。

ただし、ここからが本題です。
業務用と言えど、その使用環境は様々です。
事務所で使われているものがあれば、コテコテの中華料理屋さんや焼肉屋さんで使われているものもあります。
なので、部品があって修理が可能だとしても、修理をお奨めしない場合もあります。
なぜかと言うと、ファン取替えてその時は正常に動いたとしても、すぐに他の場所の不具合で、異常が出たりすることがあるからです。
たくさんの修理を経験してきたアベ冷熱技研は、そういう案件にたくさん遭遇してきました。
お客様にとって修理の方がメリットなのか、買い替えの方がメリットなのか、まずはエアコン全体の状況と使用環境をチェックして、お客様の考えている今後の事業展開などをお聞きし、不具合の原因や両方のメリット・デメリットをご説明しながら、一緒に悩んで判断させていただいています。

今回は今後のことを考慮して、治るならもう少し使いたいとの事で、使用環境もとてもいいので、モーター交換で対応します。
ファンモーターの新旧交代です。

細かいところが変更されていますが、取付けピッチとか寸法は古い物と同じです。
こういうところは、、、こういうところは、さすがダイキンと、、、認めます(^_^;)

はい、サクッと取替え完了。

動いているのか動いてないのか判らないくらい静かになりました(^^)v
このエアコンくんには、もうちょっと頑張ってもらいましょうね。

アベ冷熱技研は、「 一級冷凍空気調和機器施工技能士」が点検・修理を行いますので、お気軽にご相談ください。

2016年3月19日土曜日

お気に入りの和風照明器具をLEDに改造

ここ最近、LED照明への取替えのご依頼が増えています。
今回のお客様も、キッチンの照明をLEDタイプに取替えにお伺いしていたのですが、和室の方もランプが切れかかっていたので、「これもお願いしようかねぇ。」とご相談いただきました。

本格的で立派な和室にマッチした、和風ペンダント照明。
これは高そう。。。(^_^;)

FCL30Wが4本。このうち2本が切れかかっています。


結構な重量なので、チェーン吊り。


とりあえず、LEDの和風照明器具が載っているカタログをお渡しして、ご検討いただいていました。
やっぱり結構なお値段しますよぉ。。。
これなんか20万円。



少しお安いタイプでも8万円。。。



数日悩まれて、「阿部さん、値段も高いし、デザインもなんか合わんのよ。今のやつ気に入っとるし。ランプだけLEDに替えるとかはできんの?」とご相談いただきました。

「保証はできんかも知れませんけど、ちょっとやってみますか?」とご提案したのがこの方法。

器具をお預かりします。


ランプ・安定器・ソケットなどの部品を全部撤去して、ボディだけにします。


パナソニック製 LSEB1052 12畳用調光・調色タイプのシーリングライトを取り寄せ。


外した部品の重量は、3.15kg。結構重いです(^_^;)


カバーを外したLEDシーリングライトの重量は、1.925kg。軽い!


中心に引掛けシーリングを取付けます。

熱に弱いと問題になっているLEDですから、放熱対策のために4箇所穴あけしています。

LEDシーリングライトと合体!

中心部の引掛けシーリングだけでは心許ないので、4箇所ビス止めしています。

元のFCL30W×4本が消費電力136Wに対して、LEDシーリングライトの消費電力は46W!
もの凄い削減率ですね。


改造が完了すると取付けにお伺いします。

外す時に比べたら、断然軽いです。

あとはカバーを取付けて点灯確認。

「うわぁ!凄い明るくなったねぇ。いやぁ嬉しい。阿部さんにお願いして良かった。」と、かなり感激していただきました(^_^;)

今までは引きヒモ式でしたが、これからはリモコンで明るさの強弱(調光)もできるし、清々しい色味や温かみのある色味に変える(調色)こともできるので、お部屋の雰囲気もいろいろと変えることができます。
何より、お気に入りの照明器具がこれからも使えるというのが、一番のメリットですね。

ちなみに、LEDシーリングライト自体の加工は一切していないので、もしもの場合の保証も受けることができます。
重量・放熱・安全性の確保ができれば、この様な作業もお引き受け可能ですので、お気軽にご相談くださいませ<(_ _)>

2016年3月11日金曜日

ボイラー修理(接続配管腐食による水漏れ修理)

「ボイラーから水漏れしよるんですが、見てもらうことはできますか?」と、ご依頼いただき、点検・修理にお伺いしてきました。


バルブが閉められているので、水は出ていませんでしたが、漏れていた形跡が。。。


断熱材を取ってバルブを開けると、水が吹き出してきました。
接続口のところが腐食していますね。


配管を外そうとしたら、ポキっ。。。(T_T)

折れ込んだ部分は、チマチマと削りだしていかなければなりません。。。

外した配管内部には、鉄管特有のコブがいっぱい。

人間で言う動脈硬化みたいな感じです。
昔の水道管はこの鉄管が多く使用されていました。
古いお宅にお伺いすると、まだまだ鉄管を使っているところは多いですね。

今回はボイラーもそろそろ取替え時期ということで、応急処置対応。

ワンダーチューブで接続。

保温材を巻いて完了。


減圧弁のフィルターも点検しておきます。
やっぱり。。。

上水道なので水質の問題ではなくて、水道管の問題の様ですね。
ボイラー取替えの検討をされるそうなので、取替時に配管周りの大幅な更新が必要そうです。

アベ冷熱技研では、石油機器技術管理士・給水装置工事主任技術者が点検・整備・工事を行います。
お気軽にご相談くださいませ<(_ _)>