ラベル テレビアンテナ工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル テレビアンテナ工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年2月18日土曜日

2階建て屋根上で八木式地デジアンテナ取替工事(アナログ撤去・地デジアンテナ新設)

最近、壁面に取付けるフラットアンテナばかりでしたが、久々に八木式アンテナの工事にお伺いしてきました。


既存アンテナはこんな感じです。

一番上の20素子パラスタックが広島向けUHF、二番目が山口向けUHF、3番目は地元UHF、4番目は恐らくiTV開局の頃に増設されたUHF、5番目がVHF。
当時、松山市内で受信できるすべての放送局がこれで映るという、フル装備です(^_^;)
現状で地デジは受信できていますが、現在は地デジ化されてUHFアンテナ1本で済みますし、老朽化していていつ倒れてもおかしくないので、取替えのご依頼をいただきました。

ハシゴを掛けて、屋根上へ。


自撮りです(*´ω`*)

なにしてるんや?って思いますね(^_^;)
今日、もの凄い風で、タマに突風が来るので気を抜けません。。。
そんな風の強さを、わたくしの髪の毛の逆立ち具合で表現してみました。
手を広げると飛べそうな気分になりますよ・ω・

気を取り直して、作業に掛かります。
吹き飛ばされそうになりながら既存アンテナを撤去して、アンテナを建てて松山本局を狙います。


この辺のチャンネルのレベルはいい値が出ました。

何度か方向を調整してみましたが、27chのテレビ愛媛だけ56dBくらいしか出ません。
写真撮り忘れましたが、エラーは出てないので作業を進めます。

宅内のユニットにブースター電源部を取付けて、レベルを見ながらブースターの出力を調整していきます。


屋根に上がったり降りたり、数回。。。


エラーが出ない程度で、レベルを少し上げ気味にしました。


27chだけ、こういうレベルになるためです。

45dB以上でエラーフリーであれば、問題なく受信は可能です。

テレビに接続して、異常がない事を確認。


あとは映りを確認していただいて、作業完了です。


あれほどゴチャゴチャしていたアンテナが、1本になってスッキリしましたね(*^^*)

アベ冷熱技研ではアンテナ工事やケーブルテレビ工事など、お客様のニーズに合ったご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください<(_ _)>

2017年1月29日日曜日

アンテナがあるのにテレビが映らない? 地デジアンテナ取替工事

日曜日ですが、今日は一日みっちり現場でした。
午前中は、以前エアコン工事をご依頼いただいたお客様から、アンテナ工事のご依頼をいただきまして、取付工事にお伺いしてきました。


建物は2階建ての借家です。
お引越し前にエアコン工事をさせていただきました。

お引越し後にテレビを繋ぐと映らないという事で、ご相談いただきました。

あ、ダメだこりゃ(^_^;)
広島向けのUHFアンテナが付いてる。。。
下の方にブースター本体も見えますが、ブースター電源部は宅内にありません。
これでは地デジは映りませんね。


下から見ると支線ワイヤーが1本切れてたので、上がって確認すると、被覆鉄線でした。。。
錆びて今にも切れそうです。

もうこのアンテナは撤去して、2階壁面にフラットアンテナを取付ける方法でご提案、ご依頼いただきました。

で、本日工事にお伺い。
まずは既存のアンテナを撤去しました。


新しいアンテナの設置場所を探ります。


14素子UHFアンテナで受けると、レベル的には低め。
エラーは出ていないので、20素子相当でブースター内蔵タイプなら十分イケます。


位置決めをして、金具を取付けます。


UHFフラットアンテナで松山本局を狙います。


エラーフリーでいい感じのレベルが出ました。
13ch Eテレ以外のチャンネルは、70dBを超えています。


ケーブルは既存線を使用せず、直接リビングまで露出配線。
エアコンの配管穴から宅内へ導きます。


テレビ脇にブースター電源部を設置し、レベル測定。


いい感じです。問題なし(^^)


後はチャンネル設定を行い、映りを確認いただいてお引き渡しです。

「あっ、映った(・∀・) ありがとうございます。日曜日にすみませんでした。」と、大変お喜びいただきました。

屋根上もスッキリして、安心してお過ごしいただける様になりましたね。


アベ冷熱技研ではアンテナ工事やケーブルテレビ工事など、お客様のニーズに合ったご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください<(_ _)>

2017年1月23日月曜日

地デジアンテナ取付工事(マスプロ製スカイウォーリー)

中古住宅を購入されたお客様のご依頼で、地デジ用UHFアンテナの取付工事にお伺いしてきました。


前のオーナー様はCATVをご利用されていた様で、CATVの設備が残っています。


宅内設備を見てビックリです(^_^;)

リビングに「屋外用」の3分配器が。。。
今回は、リビングに1台だけテレビ設置なので、この辺りの機器はすべて撤去します。

事前調査して決めていた設置場所に、金具を取付けます。


UHFフラットアンテナで松山本局を狙います。


エラーフリーのいい値が出ました。


ケーブルを外壁面に留めていきます。

こちらのお宅、軽量鉄骨造なので、隠蔽配線は一切できません。

CATV保安器の所で、既存宅内配線へ接続。

ここはこの後、しっかりと防水処理しています。

宅内ケーブルを延長してテレビのところまで配線し、レベル測定。

屋外と屋内の温度差で、レンズが曇ってます(^_^;)

分配も無いので当然ですが、エラーフリーの適正レベルです。


後はチャンネル設定を行い、映りを確認いただいてお引き渡しです。

雪のちらつく寒い一日でしたが、「寒い日にありがとうございました。」と、お気遣いいただきました<(_ _)>

アベ冷熱技研ではアンテナ工事やケーブルテレビ工事など、お客様のニーズに合ったご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください<(_ _)>

2016年8月3日水曜日

CATVから地デジ/BSアンテナ受信へ新設切替工事

「CATVが必要なくなったので、地デジとBSのアンテナを新設して欲しい」とご依頼いただき、新設切替工事にお伺いしてきました。


CATVの引込みは建物北東側。


アンテナで受信するためには、建物反対の南西側に取付けなければなりません。

おぉ、キレイなお家なのに、ここにアンテナ?
「ホントにいいんですか?雨水の後も付くかも知れませんよ。」とお話させていただきましたが、「かまいません。ここにお願いします。」との事で、工事に掛かります。

まず、反対側にケーブルを通さないといけません。
天井裏へ。。。
こちらのお宅、全館空調システムになっていまして、まぁ天井裏のダクトのスゴイこと(^_^;)


この微妙なスキマを狙って、5mほどケーブルを横引き。。。


もの凄い時間掛かりましたけど、なんとか通りました(T_T)


アンテナの工事に掛かります。
この時は晴天だったんですけど、この後風が強くなってきて、一気に曇り始めます。。。


壁面金具2つで防錆ポールを保持します。


UHFフラットアンテナで松山本局を狙います。


ハシゴ上から目視で送信塔が確認できるロケーションなので、エラーフリーのいい値が出ました。


BSアンテナで衛星を狙います。


こちらも障害物がないので、いい値が出ています。


ブースター本体はメンテナンス性を考慮して、天井裏へ設置。

テレビ脇のユニットでレベルを測りながら、ブースター出力レベルの調整。


エラーフリーの適正レベルになりました。


CATVのセットトップボックスを撤去します。

CATV側の停波作業は、愛媛CATVの方でやっていただきます。

後はチャンネル設定を行い、映りを確認いただいてお引き渡しです。


「暑い中、非常に丁寧にしていただきありがとうございました。また何かありましたら、ご相談させていただきます。」と、大変お喜びいただきました。


アベ冷熱技研ではアンテナ工事やケーブルテレビ工事など、お客様のニーズに合ったご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください<(_ _)>