ラベル オール電化工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル オール電化工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年3月25日土曜日

オールガス~エコキュート&IHクッキングヒーターのオール電化へ乗換工事

先々週から取り掛かっていたオール電化工事が、本日完了しました。


この前、エアコン取替工事にお伺いした、先輩宅です。
ガス給湯器&ガスコンロのオールガス住宅でしたが、以前からオール電化にしたかったそうで、既にエコキュートとIH機器は購入済みでした(^_^;)気が早い...

ちょうどこのスペースにエコキュートが置けるので、ここに設置することにします。

まずは宅内電気設備を調査し、電気図面を作成し、四国電力へ電力申請を行います。


電力申請しても数日は受領されないので、先に配管と基礎工事に掛かります。

給水・給湯・排水の配管を既存管から分岐して、タンクユニット設置場所まで埋設配管します。
安い工事店さんは、埋設せず露出配管が多いですね。

配管作業が完了すると埋戻しして、基礎を作るために型枠とメッシュ筋を配置。


コンクリートを流し込んで、2週間ほど寝かせます。


電気工事の方ですが、既存の電気設備は、主幹75Aで十分容量はありますが、ケーブルがVVR22sqを使っていて、海が近くて劣化が激しいのと、一次側の配管がずり下がってケーブルが下に引っ張られている状態でした...


よく見るとサドルが割れてますね...


「どうしても気になるけん。一次側だけでも替えてや。」とのご希望なので、配管とケーブルを取替えます。


こんな感じだったものを。


こんな風に。

電力量計から分電盤までのケーブル長が8mを超える場合は、開閉器(配線遮断器)を設けないといけないのですが、既存は設置されていなかったので、今回設置しました。
ケーブルはCV-T14sqへ張り替えました。

メーター周りはこんな感じで完成。


宅内分電盤から、エコキュートとIHクッキングヒーターの専用回路を増設します。


天井裏を通して。


一部外部立ち下げ。


コンロ台内部に、IHクッキングヒーター専用200V30Aのコンセントを取付けます。


エコキュートは壁内を立ち下げて外部へ。

ここまでが先週の作業でした。

で、本日、エコキュート取付けです。
ガス機器の撤去、ガス配管の撤去は、ガス供給業者さんへ依頼。

ガス給湯器が外れましたので、作業に掛かります。

しっかり固まった基礎に、アンカーを打ち込みます。


浴槽アダプターを取替えます。


フロ循環とヒートポンプの配管は、耐久性と作業効率を考慮して、三層管を使っています。


タンクユニットとヒートポンプユニットを据え付けて、配管類を接続していきます。

午後から雨模様になりましたが、エアコン工事ほどシビアじゃないのでそのまま続けます。

満水時には400kgを超えるタンクユニットは、アンカーでしっかりと固定しています。


機器接続が完了すると、既存電力量計を、四国電力から送られてきたスマートメーターに取替えます。


エコキュートの注水が完了すると、水漏れがない事を確認して、リモコン取替え後に電源投入。


初期設定を行い、試運転。


勢い良く浴槽に注水が始まりました。

異常がない事を確認して、エコキュート設置作業完了です。

次にIHクッキングヒーターへ取替えます。
うわ、ガス屋さん、給湯器だけ持って帰ってガスコンロ放置ですか...(p_-)


まぁいいです、サクッと取替えました。


鍋に水を入れて試運転。

一気に沸騰しだして、「うわぁ、お湯が沸くの早いなぁ(・∀・)」と先輩。
はぃ、IHを初めて使う人は、この火力で料理を焦がしてしまうので注意が必要です<(_ _)>

以上ですべての工事が完了して、お引き渡しです。

電材屋に勤めている先輩ですから、機器はすべて支給品です。
今回設置したエコキュートは三菱電機製。IHはパナソニック製です。
いい選択ですね(*^^*)

「丁寧にしてもろぅて、ありがとう。今度、息子んとこの電気工事も頼むわ。」と、とてもご満足いただきました。

アベ冷熱技研は、第一種電気工事士・給水装置工事主任技術者が取付工事を行います。
オール電化に関することなら、お気軽にご相談くださいませ<(_ _)>

2016年7月6日水曜日

調子の悪いガス給湯器から快適なエコキュートへ取替えるオール電化工事

いつもお世話になっているお客様から、「ガス給湯器の調子が悪いので、いっそオール電化にしたい。」とのご相談をいただき、ご提案・お見積り、そして本日お引き渡しさせていただきました。

三菱電機製 エコキュート ハイパワー給湯・バブルお掃除・追いだきフルオート SRT-S37U


IHクッキングヒーターはパナソニック製で、お客様支給品です。


既存のガス給湯器。


ブロック塀と建物の間は78cm。

通常のタンクユニットを横向きに置けば、入らない寸法でもありません。
薄型タンクなら絶対置ける幅ですが、勝手口があり通路になっているため、できればこの隙間にタンクユニットを置くのは避けたいところ。

悩んでいたところ、お客様が「ここでいいです」。

ここ中庭になってるので、見ため的にどうかなと思ってたんですが、通路を有効に使うためにはここしかありません。
という訳で、お見積りさせていただき、今回のご依頼をなりました。

まずは電気設備図面を描いて、四国電力へ申請します。


申請許可が下りるのに一週間程度掛かりますが、それまでに行える作業を進めていきます。
お湯を沸かす工程で、タンクユニットとヒートポンプユニットからは排水(膨張水と結露水)が出ます。
結構な量の水が出るので、垂れ流しはNG。
近くの雨水マスへ接続します。

こちらはヒートポンプ側。 エアコンのドレン管が垂れ流し状態だったので、一緒に雨水マスへ。

タンクユニット側も、排水管を雨水マスへ接続。
同時に給水・給湯管も立ち上げておきます。


タンクユニットの基礎を造るため、型枠を組んでメッシュ筋を入れます。


コンクリートを流し込んで完了。
この状態で一週間ほど寝かして、硬化を待ちます。


次に電源工事。
分電盤と浴室は2階にあります。
今回、主幹ブレーカー容量が75Aなので一次側は触らず、エコキュートとIHクッキングヒーター用の専用回路を増設します。


天井裏から、、、


床下を通したり、、、


梁があって立ち下げできないところは、外部を塩ビ管で立ち下げたりして配線。


コンロ下に200V30Aの専用コンセントを設置。

エコキュートは直接接続になります。

基礎が硬化したら、タンクユニットを留めるアンカーを打ち込みます。


配管工事を進めていきます。


ヒートポンプは通路側へ設置します。
排水マスやバルブがあるため、溶融亜鉛めっき製の高置台で交わします。


ガス設備はガス供給会社へお願いして撤去していただくのが通例ですが、今回のガス供給会社はガス管切り離しだけの作業で帰ってしまいました(^_^;)
なので、ガス機器も撤去しました。

エコキュート搬入、据付です。

配管類を接続して、注水。
タンク内が満杯になるのに時間が掛かりますから、他の作業に掛かります。

ガスコンロも残っているので撤去。


配線工事は終わっているので、サクッとIHクッキングヒーターに入れ替えて完了。


電力契約もオール電化契約に変わりますから、アナログメーターからスマートメーターへ取替えます。


タンク注水完了後、電源投入し、初期設定。


試運転を行います。


今回、フロ循環アダプタは既存のものを流用。
異常がない事を確認して、使用方法をご説明してお引き渡しです。


外周りはこんな感じで完成です。

ヒートポンプユニットの位置は、隣家の窓の位置などを考慮して、運転音のクレームがない様に対処しています。

後日、お客様からアンケートのご回答をいただきました。

工事中、雨に降られたり、風もなく暑い日もあったり、結構大変な時期の工事ではありましたが、こうやってお喜びいただけると、とても嬉しいです。

アベ冷熱技研は、第一種電気工事士・給水装置工事主任技術者が取付工事を行います。
オール電化に関することなら、お気軽にご相談くださいませ<(_ _)>