ラベル オール電化工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル オール電化工事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年7月6日水曜日

調子の悪いガス給湯器から快適なエコキュートへ取替えるオール電化工事

いつもお世話になっているお客様から、「ガス給湯器の調子が悪いので、いっそオール電化にしたい。」とのご相談をいただき、ご提案・お見積り、そして本日お引き渡しさせていただきました。

三菱電機製 エコキュート ハイパワー給湯・バブルお掃除・追いだきフルオート SRT-S37U


IHクッキングヒーターはパナソニック製で、お客様支給品です。


既存のガス給湯器。


ブロック塀と建物の間は78cm。

通常のタンクユニットを横向きに置けば、入らない寸法でもありません。
薄型タンクなら絶対置ける幅ですが、勝手口があり通路になっているため、できればこの隙間にタンクユニットを置くのは避けたいところ。

悩んでいたところ、お客様が「ここでいいです」。

ここ中庭になってるので、見ため的にどうかなと思ってたんですが、通路を有効に使うためにはここしかありません。
という訳で、お見積りさせていただき、今回のご依頼をなりました。

まずは電気設備図面を描いて、四国電力へ申請します。


申請許可が下りるのに一週間程度掛かりますが、それまでに行える作業を進めていきます。
お湯を沸かす工程で、タンクユニットとヒートポンプユニットからは排水(膨張水と結露水)が出ます。
結構な量の水が出るので、垂れ流しはNG。
近くの雨水マスへ接続します。

こちらはヒートポンプ側。 エアコンのドレン管が垂れ流し状態だったので、一緒に雨水マスへ。

タンクユニット側も、排水管を雨水マスへ接続。
同時に給水・給湯管も立ち上げておきます。


タンクユニットの基礎を造るため、型枠を組んでメッシュ筋を入れます。


コンクリートを流し込んで完了。
この状態で一週間ほど寝かして、硬化を待ちます。


次に電源工事。
分電盤と浴室は2階にあります。
今回、主幹ブレーカー容量が75Aなので一次側は触らず、エコキュートとIHクッキングヒーター用の専用回路を増設します。


天井裏から、、、


床下を通したり、、、


梁があって立ち下げできないところは、外部を塩ビ管で立ち下げたりして配線。


コンロ下に200V30Aの専用コンセントを設置。

エコキュートは直接接続になります。

基礎が硬化したら、タンクユニットを留めるアンカーを打ち込みます。


配管工事を進めていきます。


ヒートポンプは通路側へ設置します。
排水マスやバルブがあるため、溶融亜鉛めっき製の高置台で交わします。


ガス設備はガス供給会社へお願いして撤去していただくのが通例ですが、今回のガス供給会社はガス管切り離しだけの作業で帰ってしまいました(^_^;)
なので、ガス機器も撤去しました。

エコキュート搬入、据付です。

配管類を接続して、注水。
タンク内が満杯になるのに時間が掛かりますから、他の作業に掛かります。

ガスコンロも残っているので撤去。


配線工事は終わっているので、サクッとIHクッキングヒーターに入れ替えて完了。


電力契約もオール電化契約に変わりますから、アナログメーターからスマートメーターへ取替えます。


タンク注水完了後、電源投入し、初期設定。


試運転を行います。


今回、フロ循環アダプタは既存のものを流用。
異常がない事を確認して、使用方法をご説明してお引き渡しです。


外周りはこんな感じで完成です。

ヒートポンプユニットの位置は、隣家の窓の位置などを考慮して、運転音のクレームがない様に対処しています。

後日、お客様からアンケートのご回答をいただきました。

工事中、雨に降られたり、風もなく暑い日もあったり、結構大変な時期の工事ではありましたが、こうやってお喜びいただけると、とても嬉しいです。

アベ冷熱技研は、第一種電気工事士・給水装置工事主任技術者が取付工事を行います。
オール電化に関することなら、お気軽にご相談くださいませ<(_ _)>

2016年5月17日火曜日

IHクッキングヒーター専用コンセント増設工事

IHクッキングヒーターの専用コンセント増設工事にお伺いしてきました。

日立製 IHクッキングヒーター お客様支給品です。


こちらのお宅は、既にオール電化住宅の電力契約になっています。
今までは100VのIH卓上コンロをご使用されていました。

しかし、これでもオール電化住宅の扱いになるんですね(^_^;)

既存の分電盤はいっぱいで、既に横にフリーボックスで増設もあります。

主幹ブレーカーが60Aなので、容量的にぎりぎりかも知れませんが、今回IHを増設してみて、主幹が落ちる様だったら容量増することにします。

分電盤は洗面所に。その隣がキッチンなので、ユニットバスの点検口から天井裏作業に掛かります。


1階の天井裏ですが、2階部分が奥に入っている部分なので、結構スペースはありますが、ケーブルが入り乱れて、前に進みにくい状況。。。
あの先に見える壁の下がコンロ台の上になります。


コンロ台下の、ガス管が通っていた穴を利用してケーブルを導きます。


分電盤までケーブルが通りました。


フリーボックスの空きスペースに、200V30Aの分岐ブレーカーを増設。

アース線は分電盤ではなく、天井裏に集中してありましたので、それから分岐しています。

コンロ台下に30Aコンセントを取付けます。


ブレーカーを入れて、電圧確認。


お客様の用意されたIHクッキングヒーターを取付けて、


コンセントを差し込んで、試運転後異常がない事を確認してお引き渡しです。

「これでキッチンも快適に使えます。また何かあったらお願いしますね。」と、大変お喜びいただきました。

アベ冷熱技研は登録電気工事業者で、第一種電気工事士が責任を持って電気工事を行います。
この様な電気工事や修理・点検もお気軽にご相談ください。

2016年5月11日水曜日

電気温水器からフルオートのエコキュートへ取替工事

前職の先輩からのご依頼で、電気温水器(エコオート)からエコキュート(フルオート)への取替工事にお伺いしてきました。

三菱電機製 エコキュート 追いだきフルオート SRT-W37 お客様支給品です。


既存機は電気温水器。

井戸水で使用されていましたが、自動で湯はりができなくなってしまい、エコキュートへの取替えをご希望です。
エコキュートは基本、井戸水はメーカー保証外になるため、取り替えるまでに水道屋さんに上水への切替えを行っていただきます。

この温水器はエコオートと言って、自動湯はり機能が付いています。
ただし、配管が1本のため、追い焚きや保温ができず、希望温度にするためにはお湯を注がないといけないタイプです。
この方式だと、お湯が無駄になりますね。
アベ冷熱技研では、そんなに金額が変わらないので、フルオートタイプをお奨めしています。


さて、取り替えるに当たって、下見にお伺いした訳ですが、まぁまぁ雑な配管に唖然。。。


電気温水器の前はボイラーが座っていたらしく、何か無理矢理繋いだ感満載の配管状況。

どこが工事したのか教えてくれましたけど、まぁそんなもんかな?と言う感じです。
この辺、全部削って配管全部整理して、基礎も全部やり変えたいところですが、「もぅそこまでせんでえぇ。時間も掛かるし、阿部ちゃんがやりよい様に安くやって。」との先輩のご指示ですから、ここは後ろ髪引かれる思いで既存流用という事で。。。(^_^;)

井戸水から、上水への切替えが終わったとの事で、本日取替工事にお伺いしてきました。
まずは既存電気温水器内の残留水を捨てる訳ですが、最後の方でもの凄い茶色い水が。。。

換え時でしたねぇ。。。

機器を撤去したら、配管工事を行っていきます。
フルオートなので、フロ循環パイプを1本から2本へ取替えます。


ヒートポンプ用配管、電源・リモコン周り、排水と、作業を進めていきます。


タンクユニットとヒートポンプユニットを設置して、配管類を接続していきます。


配管接続後、給水し、水漏れがない事を確認。
リモコンを取替えて、電源投入。
初期設定を行います。


湯はり運転で試運転。


異常がない事を確認して、使用方法をご説明してお引き渡しです。


工事完了後、四国電力へ機器変更工事完了の報告をして終了です。

ん~、やっぱり手前の配管気になる。。。
先輩には、「おぉ、きれいにやってくれたやん。さすがアベ冷熱技研。」と、本気で言ってるのかよくわからないコメントをいただきました(^_^;)
まぁ、確実に今日から電気代は下がって、追い焚きができる快適性には、感動していただけるハズなんですけどね。

アベ冷熱技研は、第一種電気工事士・給水装置工事主任技術者が取付工事を行います。
オール電化に関することなら、お気軽にご相談くださいませ<(_ _)>