ラベル エアコンクリーニング[完全分解洗浄] の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル エアコンクリーニング[完全分解洗浄] の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年5月28日日曜日

1年前にパン屋さんに設置した天カセエアコンの現地分解洗浄(エアコンクリーニング)

昨年の4月、OPENに向けて電気工事とエアコン工事をご依頼いただいたパン屋さんで、4方向天井カセット形エアコンの現地分解洗浄にお伺いしてきました。

先週、「エアコン、ちょっと気になるんで洗浄とかやった方がいいですかね?」とご相談いただき、えぇ~まだ1年だからいいんじゃないですかぁ?とか言いながら、点検にお伺いしていました。

吹出口のところは、隅の方に粉が付いている程度でしたが、吸込み側を覗いて見ると...(p_-)

うぉ、結構汚れてますね(^_^;)

まぁ、施工当初、「パン屋さんに天カセはあまりお奨めできませんよ。」とお話していましたが、壁面に設置できるスペースが無く、天カセにするか天吊りにするか悩んだ挙句の天カセでした(天カセの方がメンテナンス性がいい)ので、覚悟はしていましたが1年でこれですか...
まぁ以前、粉もの扱ってた加工場のエアコンは毎年洗浄していましたから、当然と言えば当然ですね。

洗うしかないですね。洗いましょう。
さすがに営業止めてやる訳にはいきませんから、本日日曜日の定休日に。

天カセだって丸洗いしたいので、電気系統は全部外します。

全部と言ってもこれだけですよ。
家庭用のフィルター自動掃除機能付きエアコンに比べたら、もの凄いシンプルでしょ。

天井面にはボディと熱交換器のみ。


バラした部材は、表で丸洗いします。


熱交換器は吊ったまま洗うので、ビニールシートでしっかりと養生します。

阿部もフル装備(*´ω`*)

ルームエアコン同様、高圧洗浄機を使いますが、水圧は抑え目にして主に噴霧で、付着した粉を溶かして行く感じで洗い流していきます。


熱交換器↓


ドレンパン↓


ファン↓


こんな感じの黒い液体が流れ出ました(・・;)


洗浄が完了すると、元通りに組み直して試運転。

異常がない事を確認して、お引き渡しです。
まだ1年ですからね、洗い流すだけで新品の輝きを取り戻しました。

飲食店や食料品製造って、お客様の口に入るもの作りますからね。
そこの空気環境って、モノスゴイ重要だったりします。
そんなの気にしないオーナーさんが多い中、パン作りにこだわりを持ってるオーナーさん。
ここのパンなら、安心して口にできますね(*´ー`*)

帰りに「残り物ですけど。」と、美味しいパンをたくさんいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研は、空調機器に精通した「一級冷凍空気調和機器施工技能士」が分解洗浄を行うので、安心してお任せいただけます。

詳細及び、分解洗浄の動画をこちらでご覧いただけます。
エアコン洗浄工事 : アベ冷熱技研

2017年5月26日金曜日

施工させていただいたエアコンが水漏れ?で点検ついでにエアコン分解洗浄

3年前に、エアコンの同一屋内移設工事をさせていただいたお客様から、「水漏れするので点検してもらいたいのと、3年経つので洗浄もお願いします。」とのご依頼で、お伺いしてきました。

三菱電機 MSZ-EM28E4-W(2007年製) フィルター自動掃除機能付き


拝見すると、確かに水漏れの跡が...

大量にボタボタと出てくるのではなく、ポチ、ポチって感じでじわじわと出て来るそうです。

今回、分解洗浄もご依頼いただきましたので、持ち帰ってバラしながら原因を探っていきます。

前面のドレンパンがオーバーフローした様な形跡はありません。

ドレンパンのオーバーフローだと、もの凄い勢いで水が溢れてきますから。

特にドレン水が通る経路で、問題は無さそうです。


で、バラしてる途中で、ん?

熱交換器の後ろ側のドレンパンに異物を発見!

おもちゃのブレスレットみたいですね。

もしかするとこれが水漏れの原因かも知れません。
分解時にはドレンパンのところにありましたが、取外して持ち帰るまでに動いた可能性もあります。
これが熱交換器の上に乗っていると、水滴が内部に飛び込んで水漏れになるかも知れません。
あくまで推測です。原因になる可能性があるものは、すべて取り除きます。

電気系統を取り除いて完全分解。


エアコン専用に開発された洗浄剤と、高圧ポンプでスミズミまで丁寧に洗います。


熱交換器↓


ボディ内部↓


ドレンパン↓


ファン↓


洗浄が完了すると取付けにお伺いします。

この屋内ダクトも阿部の施工ですが、この勾配も少し気になったので、少々修正させていただきました。
ドレンホースが詰まっている場合は、それはもうもの凄い勢いで水漏れしますから、ここが原因ではありませんが、気になるところは修正させていただきました。

室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


ドレンパンに水を注いで、水漏れが起こらないかチェックします。

1リットル程度流しましたが、問題ありません。

作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

今回、ハッキリとした水漏れの原因は特定できませんでしたが、「絶対これです。これが原因だと思います。もぅ何やってくれるんだか。」とお客様(^_^;)
結構他のお宅でも異物混入はありますので、あまり子供さんを叱らないでくださいね。

アベ冷熱技研は、空調機器に精通した「一級冷凍空気調和機器施工技能士」が分解洗浄を行うので、安心してお任せいただけます。

詳細及び、分解洗浄の動画をこちらでご覧いただけます。
エアコン洗浄工事 : アベ冷熱技研

2017年5月25日木曜日

三菱霧ヶ峰フィルター自動掃除機能付きエアコン分解洗浄(エアコンクリーニング)

阿部行きつけの調剤薬局さんからのご依頼で、エアコン分解洗浄が完了したので、取付けにお伺いしてきました。

三菱電機 MSZ-ZW400S-W(2010年製)
三菱電機 MSZ-ZW250-W(2010年製)

実は洗浄シーズンになるとカビの影響か、喉をやられる阿部ですが、いつもお世話になっている耳鼻咽喉科のお隣りにある、この薬局さんにもお世話になっています。

別に阿部が営業掛けた訳でもなく、エアコンの臭いが気になるのでネット検索していたら、アベ冷熱技研のサイトを見付けていただき、「あ、この人この人。うちに来よる人や。」(^_^;)と、阿部の写真を見て、今回ご依頼いただいたそうです<(_ _)>アリガトウゴザイマス

まずは取外しに掛かります。
まぁよく見掛ける光景です...(施工不良)


2台共、配管穴をパテ埋めしていません。(施工不良)

これも、室内機を取外して分解洗浄するから見つける事ができます。
パテ埋めしてないとどうなるかは、後の写真で。

案の定、室内機を外して見ると、スリーブなんか入っていません。(施工不良)
しかしこの穴の開け方も、キョーレツですね...(^_^;)


外したついでに、貫通スリーブを挿入しておきます。


お預かりして持ち帰った室内機を分解していきます。

結構カビが生えていますね。臭いの原因はこのカビです。
丸洗いするので、キレイサッパリしますよ(^^)

はぃ、貫通スリーブが無いとか、パテ埋めしてないと、こういう事になりますね。
この黒いツブツブは、カビではありません。

実名では書きませんが、配管穴から侵入してきた小動物のアレですね。
この薬局さんが特別こうじゃありませんよ。どこのお宅でも同じ様になっている事が多々ありますので。

7年ご使用されると、センサーのところにもホコリがビッシリ。

こういうのも丁寧に取り除きます。

電気系統を取り除いて完全分解。


エアコン専用に開発された洗浄剤と、高圧ポンプでスミズミまで丁寧に洗います。


熱交換器↓


ボディ内部↓


ドレンパン↓


ファン↓


洗浄が完了すると取付けにお伺いします。
室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


配管穴にはしっかりとパテ埋めを行い、小動物の侵入を防ぎます。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

ちなみに片方のパネルはタバコのヤニ色とかではなく、日焼けでかなり変色しているので、洗浄とかでは元に戻せません(^_^;)

先ほどのツブツブの件とか、スリーブの必要性、ビフォー・アフターの写真などをお伝えすると、「いやぁ、こんなになってたんですね。これは酷いなぁ... うちの自宅のもこんなになってるかも知れないんで、今度自宅のもお願いします。」と、大変お喜びいただき、追加ご依頼いただきました<(_ _)>

アベ冷熱技研は、空調機器に精通した「 一級冷凍空気調和機器施工技能士」が分解洗浄を行うので、安心してお任せいただけます。

詳細及び、分解洗浄の動画をこちらでご覧いただけます。
エアコン洗浄工事 : アベ冷熱技研

2017年5月21日日曜日

ダイキンエアコン移設工事にお伺いして急遽分解洗浄追加作業(エアコンクリーニング)

エアコン分解洗浄が完了したので、取付工事にお伺いしてきました。

ダイキン AN22LKS-W(2010年製) 標準タイプです。


実は今回、お引越しに伴うエアコンの移設工事のご依頼だったんですが、室内機内部を覗いてみると...

わぁ、結構汚れてますね。阿部の性格上、見て見ぬフリはできないんで、「汚れてますけど、このまま移設しますか?ついでに洗浄もできますけど。」とお話したところ、「いや、阿部さん忙しそうやったんで、洗浄どうしようかなぁと思いよったんですよ。時間あるんならぜひお願いします。」との事で、早速お預かりしました。

ささっと分解して洗浄の準備に掛かります。

これ、ダイキンの標準タイプだからお受けしました。構造が単純で、15分もあれば分解できますので。
フィルター自動掃除機能付きとかは、こうは行きません...

エアコン専用に開発された洗浄剤と、高圧ポンプでスミズミまで丁寧に洗います。


熱交換器↓


ボディ内部↓


ドレンパン↓


ファン↓


洗浄が完了すると、お引越し先へ取付けにお伺いします。
配管穴が既に開いているので、位置を合わせて背面板を取付けます。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


外部配管はスリムダクトで化粧仕上げ。


配管接続完了後、電動式真空ポンプを使って配管内部を真空乾燥させます。

泥ハネ防止のため、室外機下にブロックも置きました。

外周りはこんな感じで完成です。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

これで新しいお住いで、快適にお過ごしいただけますね。
こちらのお宅、当初はこのエアコン移設と専用コンセント増設のご依頼だったんですが、いろいろとありまして、電気容量増設やらアンテナ工事やら、一式ご依頼いただきました<(_ _)>
それはまた後で書きますね。

アベ冷熱技研は、空調機器に精通した「 一級冷凍空気調和機器施工技能士」が分解洗浄を行うので、安心してお任せいただけます。

詳細及び、分解洗浄の動画をこちらでご覧いただけます。
エアコン洗浄工事 : アベ冷熱技研