2016年8月30日火曜日

エアコン分解洗浄の受付再開のお知らせ

6月分からBlog更新、放置ですみません。
時間を見付けてはチビチビとUPしておりますので、よろしくお願いいたします<(_ _)>

さて、昨日から気温も下がり、秋の気配が感じられる季節になりました。
ぼちぼち、エアコン分解洗浄の受付けを再開させていただこうと思います。



ただし、予報ではまだ残暑厳しいとの報道もありますので、リビングなどメインで使われているエアコンの洗浄依頼はもう少しお控えいただく方が無難かと思われます。

アベ冷熱技研のエアコン洗浄は、室内機を取外し2~3日お預かりして分解洗浄するため、その間エアコンが使えない状態となり、お客様にご迷惑をお掛けするためです。

「もう今シーズンは使わないから洗ってほしい。」とお考えの方は、メールまたはお電話でご依頼ください。



なお、アベ冷熱技研でご購入いただいたエアコンに限り、エアコン分解洗浄を5,400円引きでお引き受けさせていただいています。

今後とも末永くご購入エアコンをお使いいただくために、1回限りなんてセコイ事は言いません。
10年以内なら何回でも5,400円引きでお受けいたします。

アベ冷熱技研でご購入いただいたお客様に、最高のご恩返しとしてプレゼントさせていただいています。
長い目で見ると、ネット購入品より安くなる可能性大ですね(^^)v

アベ冷熱技研は、空調機器に精通した「 一級冷凍空気調和機器施工技能士」が分解洗浄を行うので、安心してお任せいただけます。

詳細及び、分解洗浄の動画をご覧いただけます。
エアコン洗浄工事 : アベ冷熱技研

2016年8月20日土曜日

賃貸マンションで故障したエアコンを三菱霧ヶ峰へ取替工事(室外機天井吊り)

アベ冷熱技研のある築山町の賃貸マンションオーナーさんのご依頼で、エアコン取替工事にお伺いしてきました。

三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-GV2816-W 汎用機です。


当初、オーナーさんから、「エアコンが壊れたみたいなんやけど、阿部さんとこで見てもらえんやろか?」と、お問い合わせいただきました。

ずっと知り合いの家電店さんにお願いしていたそうですが、お店をやめられたそうで、町内会でいつも顔を合わせていた阿部にお声掛けいただきました。

室内機のランプが点滅しているので、エラーコードを調べます。
ダイキンはこういうところはいいんですよねぇ。こういうところは...・ω・


エラーコード「E6」。

あらら、室外機側。それもコンプレッサー系のエラーですよ。。。

室外機を点検したくても、、、(´・ω・`)

これ、降ろさないと点検なんかできません。
点検して、もし基板だとしても、作業費だけで結構な費用が掛かります。
製造年2006年。ちょうど10年です。
修理にお金掛けるメリットは、まったくありませんね。
オーナーさんも、「阿部さん、もうダメやったら取り替えてや。」とのご意向でしたので、本日取替工事にお伺いしてきました。

はい、この室外機を降ろすのが大変なんです...


手造りの架台。室外機はどうやって留まっているのかと思ったら、足折り曲げて無理矢理押し込んでる状態...

はぃ、ただ単に乗せてるだけという、恐ろしい状況。

ここは5階建てマンションの最上階...(;_;)

取り外すのに1時間掛かりました。
命掛けですよ。
不安定な足場で脚立に乗って、無理矢理差し込まれた室外機を押し上げながらスライドさせて外すんですから。

室外機降ろした後は力尽きて、室外機撤去後の写真も撮れてません。

室内機撤去跡もこんな状態で、テンションが下がります...

しばらく休憩して呼吸を整えて、取り付けに掛かります。

この木製の縦桟、外してしまいたかったんですけど、これ外すとクロスが...
なんでこんな施工したんでしょうねぇ。
オーナーさんも、「仕方ない。外したらクロス貼り替えんといかんなるけん、そのままでえぇよ。」と。

室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


手造りの架台は危険なので撤去。
しっかりした既製品の天井吊金具を、アンカーで吊り下げます。


室外機を接続し、電動真空ポンプを使用して、配管内部を真空乾燥します。


ベランダ周りはこんな感じで完成。
ドレンは塩ビ管を使って、ベランダの排水口まで降ろします。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

猛暑の中、最上階で一番暑い部屋でお気の毒でしたが、今日からまた快適にお過ごしいただける様になりました(^^)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。

2016年8月18日木曜日

ブレーカーが落ちるので電気容量を増やす電気工事

「電気の容量が少なくてブレーカーが落ちるので、容量を増やしてほしいのと、コンセントの数を増やしてもらいたい」とのご依頼で、電気工事にお伺いしてきました。

既存の分電盤です。
主幹ブレーカーが30Aで、分岐ブレーカーが3つしかありません。


まぁ使えないこともないですが、電気製品の多いお宅では完全に容量不足です。
引込みは単相3線式。


お部屋を拝見すると、コンセントが...


スイッチも...

クロス貼り替えるつもりでプレート外したままって感じですね...
この辺も取替えます。

四国電力へ電力申請を行い、受理されると工事に掛かります。
既存分電盤を撤去し、新しいケーブルを入れます。


電気容量が増えますから、一次側ケーブルも太いものに入替えます。
右が既存ケーブル、左が新しいケーブル、許容電流値は倍以上になります。


増設コンセント回路のケーブルを通していきます。
増設は2階へ2回路。


壁の中を立ち上げて、天井裏を通していきます。


ご希望の位置を開口して、ケーブルを通します。


エアコン専用はアース線も。


こんな感じでトリプルコンセント。
左は既存回路、右は専用増設回路です。


エアコン専用コンセントはアースターミナル付き。


スイッチもピシッと取替えます。


スマートメーターに取替え、トルクドライバーを使って規定値で締め付けます。


引込みケーブル張替えは四国電力側施工なので、仮接続しておきます。


すべての接続が完了すると、絶縁抵抗計を使って漏電がないか確認。
あとは電源を投入して、お引渡しです。

主幹容量は30Aから60Aへ増量。
回路数は3回路から6回路へ増えましたから、安心してご使用いただける様になりましたね。

フタを閉じるとこんな感じ。
玄関なので、スッキリしましたね。


ついでにエアコン室内機の位置替えもご依頼いただきました。


こんな感じで完成です。

アベ冷熱技研は「四国電力(株)請負計器工事認定店」です。
登録電気工事業者で、第一種電気工事士が責任を持って電気工事を行います。
この様な電気工事や修理・点検もお気軽にご相談ください。

2016年8月13日土曜日

本格的な和室にエアコン新設工事

世間は盆休み突入でしょうが、急遽親戚からの依頼で、エアコン新設工事に行ってきました。

三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-GV2816-W 汎用機です。

盆休みに孫たちが帰省するそうで、エアコンが付いていなかった和室に、エアコンを取付けて欲しいとのご希望。
メーカーは既に盆休みに突入しています。
急遽仕入先に連絡すると、ありました!在庫が(・∀・)

早速、取付けにお伺い。
部屋は、床の間に書院・床脇・欄間を備えた本格的な和室。

エアコンを取り付け出来るところは限られています。

位置決めをして、背面板を取付けます。


配管穴を開けていきます。

土壁なので、穴開けも慎重です。

室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


配管は一部室内を横引き。


室外機を接続し、電動真空ポンプを使用して、配管内部を真空乾燥します。


外周りはこんな感じで完成。


専用コンセントも、ずっと向こう側にある分電盤からケーブルを引いてきます。


エアコン横にコンセントを取付けました。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

いやぁ、バタバタでしたが、何とかお盆休み前に取付け完了できました。
「よかったよかった。ありがとう。これで孫も暑い思いせんで済むわい。」と、とても喜んでいただきました(*^^*)

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。

2016年8月9日火曜日

15年前にお買上げいただいたエアコンの取替工事

アベ冷熱技研で一気に3台ご購入いただいたお客様から、ほんと15年ぶりにお電話いただきまして、エアコンの取替工事をご依頼いただきました。

三菱電機 霧ヶ峰 MSZ-GV2516-W 汎用機です。


今までまったく故障することもなく、元気に頑張っていた霧ヶ峰くん。


室外機が動かず、基板不良と判定。


2001年製。さすがに修理はお奨めしません。というか、部品が無いと思います(^_^;)

お見積をさせていただき、取替えのご依頼をいただきました。

既存機を撤去して、新しい背面板とダクトを設置。


室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


外部のスリムダクトは流用します。


室外機を接続し、電動真空ポンプを使用して、配管内部を真空乾燥します。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

「おぉ、やっぱり新しいんは気持ちがえぇなぁ。あと2台はまだ動きよるけど、また傷んだらお願いしよわいね。」と、ありがたいお言葉をいただきました<(_ _)>

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。