2017年1月22日日曜日

冷凍空気調和機器施工技能検定の検定補助員を仰せつかりました<(_ _)>

日曜日ですが、朝一番から松山共同高等職業訓練校で開催された、「平成28年度冷凍空気調和機器施工技能検定」の実技検定会場に行ってきました。

受験じゃありません。
ナントこの度、来年度からの「検査補助員」を仰せつかりまして、今日は経験も兼ねてお手伝いに参加した次第です。

阿部は10年前、この会場で一級技能士の実技試験に挑みました。
もちろん合格。技能士会長賞までいただいた、思い出の甲子園でもあります。
まさかこの場で自分が検定補佐員とか、感慨無量であります。

とは言っても、今日はお手伝い。
朝一に会場入りして、憧れの先輩方にいろいろと段取りを教えていただきます。


9時前に受験生が緊張の面持ちで到着。
そう言えば、自分もこの雰囲気に飲まれそうで、必死で深呼吸してたのを思い出します。
9時半作業開始!

最初の段階は、与えられた図面からベニヤ板へ実寸を描き込み。
配管をベンダで曲げ加工、接続部分のフレア加工などを行っていきます。
みなさん、各々のやり方があって、第三者として見ているとなかなか見応えがあります。

早い人は30分程度でガス溶接作業に掛かっていました。

ガス溶接は冷凍機・空調機を扱う職人としては必須の作業です。

一番に気密試験に持って来られた方は一級受験者。
気密試験後の手直しはできないので、ここですべてが決まります。

作品を水槽に沈めて、窒素ガスを流して規定圧力まで昇圧します。
15秒間放置して、漏れがなければ「気密試験は」合格です。
「気密試験は」ですよ。
ここで思いっきり泡吹いて落胆される方も数人いらっしゃいます。。。

今年、実技検定の受験者数は、二級が10名。


一級が10名です。

二級と一級との課題の違いは、平面か立体かの違いです。
一級は角度をつけた立ち上げが2箇所あります。

受験者全員が1時間半の制限時間内に完成。
受験者のみなさんが帰られた後、昼食を挟んで審査を行います。

そうです、気密試験で漏れがなくても、ここから減点方式でチェックが始まります。
図面通りの寸法になっているか、ミリ単位で減点されていきます。


ベンダで曲げた所の配管の変形まで、デジタルノギスを使って正確に。

この後も、溶接部分の美しさや、フレア接続部分をバラして、きれいなフレアが仕上がっているかもチェックされます。
ハッキリ言って、もの凄い厳しい判定基準ですよ。
そりゃその方に一生付いてまわる、国がその技を認める国家資格ですからね。
成績優秀者には、大きなホールで授賞式がありますよ。

という訳で、一日お手伝いと言いながら、とてもいい経験をさせていただきました。
来年からは本格的に補助員として頑張らせていただきます<(_ _)>

技能士検定に興味を持たれた方はコチラ↓
技能士ってどんな資格? [ 冷凍空気調和機器施工技能士 ] (有)アベ冷熱技研

2017年1月21日土曜日

20年以上の家庭用ボイラー修理不能のため取替工事

砥部町の親戚の家のボイラーが故障しまして、取替工事に行ってきました。

長府製作所製 IB-4565SG 減圧式石油瞬間給湯器


実は阿部はここずっとバタバタしてまして、数日前から会長(前社長=親父)が点検に行って、取替えの段取りをしていました。
なので、既に撤去済み(^_^;)

20年以上の選手です。 名板が消えて見えないので、もしかすると30年?(^_^;)
この頃の長府は長持ちしてましたねぇ。

新しいボイラーを据えて、配管を接続していきます。
この辺の作業は、まだまだ会長がバリバリやります(^^)

ボイラー周辺の配管類は、すべてステンレス管で接続。

阿部は、地道にリモコン取付けを。


リモコン線は塩ビ管に入れて、ボイラーまで導きます。


通水して漏れがない事を確認して、保温材を巻き付けて作業完了。


スイッチを入れて試運転。


バッチリお湯が出始めました(^^)v

ここ数日かなり冷え込んでますから、お湯が使えないのは堪えます。。。
今晩からゆっくり暖かいお湯に漬かれますね(*^^*)

アベ冷熱技研では、石油機器技術管理士・給水装置工事主任技術者が点検・整備・工事を行います。
お気軽にご相談くださいませ<(_ _)>

2017年1月18日水曜日

エアコン室外機 急勾配屋根置き工事

いつもお世話になっているFB友のMさんからのご依頼で、エアコン取替え&新設工事にお伺いしてきました。

三菱電機 ムーブアイ搭載霧ヶ峰 MSZ-AXV4016S-Wと、汎用機 MSZ-GV2216-Wです。


リビングの既存機は、松下電器産業製4.0kwタイプ。


タイマーランプ点滅で動かないため、修理のご依頼をいただきましたが、2002年製で14年経過しているため修理はお奨めしません。
まぁ部品も無いと思います(^_^;)


こちらは取替えなので、サクッと完了。

既存機は土に埋まりかけだったので、ブロックで一段上げました。
スリムダクトのみ、既存流用です。

試運転で異常がないことを確認して、お引渡しです。

「うぉ~、暖かい。これで今日からファンヒーター使わなくて済む。」と、お喜びいただきました。

はぃ、「阿部、今回の記事、えらい手抜きやなぁ」と思いました?
メインはここからです。。。

「じゃぁリビング替えるついでに、子供部屋にもエアコン付けてください」とのご依頼。
はいはい、と現地拝見。。。

2階の窓の脇に、エアコン専用コンセントがありまして、「ここに設置せよ」という感じですが、カーポートがあってハシゴが使えず、室外機を地上置きにすることができません。。。

左に屋根が見えますが。。。こ、こ、ここは、結構な急勾配。。。
北側なので、ご丁寧にコケまで生えてます。。。(´;ω;`)

高いところ平気な阿部ですが、さすがに足場の悪いところは怖いです(^_^;)

えぇ、悩んでもどうしても、ここしか置く所は無い訳でありまして、ここに置く様に決定。。。
どぉにでもなれ。 作業に掛かります。

位置決めをして、背面板を取付けます。


配管穴を開けていきます。


配管穴には貫通スリーブを挿入。


室内機を取付けて、いよいよあの屋根に。。。


やっぱり怖いんで(^_^;)、安全のためにロープを回して落下防止措置。


外部配管はブラウン色で化粧仕上げ。
室外機屋根置台は、耐久性の高い溶融亜鉛めっき仕上げ。


作業中のヘッピリ腰を、Mさんが撮影してくれました(*´ω`*)

一瞬でも気を抜くと、ズルっと行きます。。。
おぃ、ヘルメット被れよ...と、自分でツッコんでおきます(^_^;)

どれだけ勾配がキツイかというと、屋根置台の脚を目一杯伸ばしても前のめりになるくらいで、仕方なく防振ゴムを前脚に敷いて起こしているくらいの勾配です。


ポンと室外機が乗っていますが、肩に担いでハシゴ登って、滑り落ちそうになりながら何とか乗せたことは、この写真からは推測できるハズもありません(´;ω;`)

電動真空ポンプを使用して、配管内部を真空乾燥します。

何事も無かったかの様に完成です(^^)v


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

これで子供さんも、しっかりお勉強できる環境になりましたね(・ω・)え?
Mさん、ありがとうございました<(_ _)>

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。

2017年1月17日火曜日

「いろいろやってみたい」を実行中(^^)v

年始にFBでも書きましたが、阿部はさらにレベルアップを目指して、今年はいろいろやってみようと思ってます。

「今日から毎日1時間練習すれば、1年後にはなにもやっていない人よりも365時間分、高い技術を身につけられる。10年なら4000時間近く。これはもう絶対に追いつかれない。それが『卓越する』ということです。」

これ、FBで先輩がシェアしていた言葉。
ググるとその手の書籍が出るので、探してみてください。

欲しい資格は全部手に入れたし、他の資格にまったく興味がなくなったここ最近。
漠然と日々の業務に追われる毎日。
なんか錆びていく感が否めなかったんです。

いろいろやってみようと思ってます。
 「いろいろ」は大したことじゃなく、仕事面でいろんな経験を重ねていきたいんです。
 「経験」、それは自分をさらにレベルアップさせるもの。
もっと視野を広げていろんな経験をする年にしたいです。

と、年末にいろんな人に話してたら、いろいろとお声掛けいただいて、工事予定の入ってない日にいろんな現場を経験させていただいています。

自社物件だけでなく、他の業者さんの応援作業に行くことで、今まで経験できなかったことを、たくさん勉強させていただいています。
今さら、、、ですが、初心に帰った様な気持ちで、頭フル回転でお手伝いしてます。

やっぱり現場です。現場、楽しい(*^^*)
どんなにたくさんの資格を持ってても、現場を知らないと使いモンにならないと阿部は考えてます。
資格は最低ライン。資格は持ってて当たり前。
最低ラインから、どれだけ経験を積んだかが、その人の本当の実力だと思うんです。
今年、阿部は成長したい。
いゃ、成長します!
酉年、年男ですもん!(*´ω`*)
頑張ります(^^)v

2017年1月16日月曜日

八坂地区自主防災連合会執行部会に出席しました

現場から帰って、夜7時からバタバタと消防局城東支署へ。

八坂地区自主防災連合会の執行部会へ出席してきました。

昨年から取り組んでいる、八坂地区の防災マップ作成。

いよいよ印刷業者の選定に掛かります。
予定は3000部作成。
今年度の事業として行っているので、まぁ時間がありません(^_^;)
今晩もいろんな意見が出ました。
いろんな案が出るのはいい事なんですけど、ホント時間がない(^_^;)
どうなるんだろう?
やりきるしかありませんね。
いや、いいもの作らないと。

阿部も生まれ育ったこの地区の防災士として、しっかりお手伝いさせていただきます<(_ _)>

2017年1月14日土曜日

室外機が1台しか置けないマンションでマルチパックエアコン工事

分譲マンションの一室で、ダイキン製マルチパックエアコンの取付工事にお伺いしてきました。

ダイキン製 PAC-40RV お客様支給品です。

ダイキンマルチパック→ http://www.daikinaircon.com/sumai/aircon/multi/multipack/spec/

ダイキン、こんなの出してたんですね。
ダイキン嫌いなので知りませんでした(´ε` )

昨年末にお問い合わせいただき、下見にお伺いしていました。
既存機はシャープ製。


配管は収納へ。


立ち下がって屋外へ。


室外機はここにありました。

共用通路なので、ここにしか置けません。
しかも1台分しかスペースがない。。。

先ほどの部屋の隣には、専用コンセントはあるものの、配管穴もありません。

この部屋が寒くてたまらないとの事で、ここへエアコン設置をご希望です。
でも室外機を置く場所には、1台しか置けません。。。
という訳で、お客様ご自身がマルチエアコンを選定されました。
選択は間違っていませんが、下見にお伺いした時点で既に新品のエアコンが到着していました(^_^;)
これもし取付けできなかったらどうするおつもりだったんでしょう。。。

まぁ、できる様に頑張るのがアベ冷熱技研の強みではありますが(^^)v

では既存機を撤去して、取付工事に掛かります。
位置決めをして、隣の収納側へ配管穴を開けます。

マンションなので角スタッドがビッチリ入ってて、穴開けにもの凄い時間が掛かってます。。。

1台目の室内機を掛けて、配管類を接続していきます。


マルチエアコンなので、電源は室外機へ。
ここから室外機へ、200V電源ケーブルとアース線を送ります。


2台目の室内機も接続していきます。


収納内部はテープ巻き仕上げ。


外部への配管穴は75Φしかないので、断熱ドレンホースは14×2本を20×1本にまとめて通します。


室外機を接続し、電動真空ポンプを使用して、配管内部を真空乾燥します。

収納部が狭くて、かなり時間が掛かって、既に日が暮れています。。。

外周りはこんな感じで完成。


作業が完了すると試運転を行い、異常がない事を確認してお引き渡しです。

これで両方のお部屋で暖かく過ごせますね。
雪の予報で風も強く作業も捗りませんでしたが、お客様にお喜びいただいて良かったです(^^)
今回取外した既存のシャープのエアコンは、後日ご実家へ取付けが決まりました<(_ _)>

アベ冷熱技研は「一級冷凍空気調和機器施工技能士」の責任施工。
お客様にぴったりの機種選定から、機器を長持ちさせるエコロジー工事まで、お気軽にご相談ください。